新聞

学び

【小論文】視野を拡げるためには新聞の家庭欄とコラムを読まなくちゃ

小論文を書くのは難しいです。どのようなテーマにでも食いついていかなくてはなりません。基礎的な知識がないと、まったく歯が立たないのです。どうしたらいいのか。新聞を勧めます。コラムや家庭欄を中心に毎日読んでください。蓄積されて必ず力になります。
学び

【小論文の基礎】問題解決マインドをためらわず前面に出して突っ走る

小論文の基本は問題の解決です。最終的に自分なりの方法論を示すことです。しかしそんなに簡単なことではありません。自分の提出した解決への糸口をきちんと説明し、結論づけるのです。何が問題なのかを常に考えていなければダメです。勉強を続けましょう。
ブログ

【数値目標】半年で記事を200本書くと決めたらあとは突っ走るだけ

ブログを書き続けるのは大変。数値目標を設定してください。半年で200本。読者数を決めることはできません。しかし自分で書く記事の数なら決められます。毎日パソコンの前に座るという作業を続けていると習慣になります。そこからはただ突っ走るだけです。
ブログ

【重要】完成度より読者に刺さる記事を重視してアクセス数を伸ばす

ブログを書く時に1番大切なことは何か。読者のニーズに応えることです。読者が何を求めているのか、常に探りましょう。それだけを考えていれば、大きな失敗はしません。刺さる記事、緩い記事。いずれも読者の求めているものです。時代を読む嗅覚が大切です。
学び

【重要】合格小論文を書きたかったら論説問題集を片っ端から解く!

小論文を書くために何をしたらいいのか。具体的に考えてみましょう。今回は4つの方法を考えてみます。1番効果的なのは現代文の論説問題を解くことです。継続すると語彙が豊かになり、論理性が養われます。どこがポイントかが瞬時にわかるようになるのです。
暮らし

【衛生観念】私の赤ちゃんに触らないでという投書の持つ意味は?

私の赤ちゃんに触らないでという投書がありました。衛生観念は大切です。しかし限度もあります。消臭、無菌化を進め過ぎると免疫力が落ちるという指摘もあります。グローバル化の今日、新たな病気も増えています。どのように対処していけばいいのでしょうか。
学び

【問題意識】小論文を書く時に主題をどう扱えばいいのかわからない

小論文の課題に直面した時、一番の問題は何か。それは主題の扱い方がわからないということです。どう書いたらいいのか。それが本当にわからないのです。問題意識が不在だと文章は書けません。最も根本的な悩みです。どうしたらいいのか。考えてみましょう。
暮らし

【特報】柿の種とピーナッツの黄金比率論争は永遠に続くのか?

柿ピーというのは日本人が大変に好きなお菓子の1つです。ビールのおつまみとしても定番です。しかし柿の種とピーナッツの配合の比率は決まっていません。製菓会社によって異なります。亀田製菓が実施したアンケートの結果はどういうものだったのでしょうか。
学び

【小論文】論理力の育成には新聞の投書欄を使ってプチディベートを

小論文の結論はどうしたら見つけられるのか。それは課題文に対する反論からです。それほどに容易なことではありません。新聞の投書欄を利用してください。友人とその内容についてプチディベートをするのです。論理を最優先にしてトライしてみてくださいね。
学び

【必携】オリジナルまとめノートを作って小論文対策のネタ帳にしよう

小論文は難しい試験です。必要な知識がなかなか身につきません。是非小論文対策ノートを作りましょう。まとめノートです。読んだ本や記事、自分の考えなどを書き込んでいくのです。スマホのアプリでもかまいません。メモ帳であなたも合格を勝ち取りましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました