暮らし

【演出家・蜷川幸雄】想像力の力で生の苦しさから逃れようと試みた男

演出家、蜷川幸雄が亡くなってから5年が過ぎました。時の経つのははやいものです。彼が作り出した多くの演劇は、今でもたくさんの人に強い影響力を及ぼしています。特に若い俳優にとって、そこで学んだことの大切さははかり知れません。
暮らし

【真贋・小林秀雄】本物を見抜く目を養うために虚心で生きる覚悟を

評論家、小林秀雄の著作はどれも大変に味わいの深いものぱかりです。それは彼が直感的に美の本質を見抜くタイプの人だったからなのです。確かに文意を読み取るのは難しいです。しかしそこには深い含蓄があるのです。富岡鉄斎に関する話をご紹介しましょう。

【法隆寺を支えた木】宮大工の神髄がこもった名著に心洗われる

『法隆寺を支えた木』という名著を御存知でしょうか。薬師寺西塔を建立した宮大工、西岡常一の本です。読んでいるだけで、厳粛な気持ちになります。1000年の時を生きる建物をつくるということの意味を考えさせられるからです。

【鴻門之会・項羽と劉邦】この章段を読むと漢文に100倍の親しみが

「鴻門之会」は稀有な物語です。漢文でもこのあたりまでくると、かなり面白く、興味をそそられます。勉強が楽しくなるのです。歴史の醍醐味と合わせて、さらに学びたくなる所以です。是非、チャンがあったら、司馬遼太郎の本も手にとってみてください。

【土佐日記・紀貫之】仮名で書きたい一心から女だと名乗った男の日記

古今集を編纂した紀貫之の日記を読みましょう。当時の男性貴族はみな漢字で日記をつけました。しかし彼はなんとしても柔らかな仮名を使ってみたかったのです。そこで自分が女性だという仮託のもとに、全てひらがなで日記を著しました。ユニークですね。
暮らし

【女の一生・杉村春子】文学座はこの戯曲とこの女優の存在で花開いた

文学座が誇る女優が今は亡き杉村春子です。独特の味わいを持った俳優でした。代表作は数多くありますが、やはり「女の一生」でしょう。布引ケイという数奇な運命を背負った女性の一生を描き出しました。生涯にわたって947回も公演をしたのです。
暮らし

【人間の品格】タレント気分で隠語を使わないのがイキ【野暮はNG】

最近の若者はタレントの使う表現をよく口にします。その方が会話がはずむのでしょう。しかしその度に人間としての品格を落としているのです。どういう言葉を使うのかというのは、想像以上に大きな問題です。粋な大人になるために学んでください。
暮らし

【比較文化論】滝と庭について考えると東西の違いがわかる【自然観】

文化を比較するには何を研究したらいいのか。アプローチの方法はたくさんあります。音楽、美術、歴史などから入るのもいい方法です。もう1つ、自然観の研究はどうでしょう。庭の作り方、滝や噴水に関わる考え方の差にも大きな意味があります。
学び

【小論文】どう書いたらいいかわからない人への特効薬【キーワード】

小論文をどう書いたらいいのかわからないという人がたくさんいます。参考書を読んでも、実際に書き出すと先へ進めなくなってしまうのです。どうしたらいいのか。キーワードを1つだけ覚えておいてください。それを使うだけで、テーマが近くに寄ってきます。

【論語のトリセツ】現代に生きる孔子の教えをチョットだけつまみ食い

中国の思想家、孔子の残した言葉は今でも十分に通用します。むしろ複雑な現代だからこそ、その意味がより深いものになりつつあるのです。漢文の授業で習った基本的な文言をいくつか紹介しましょう。是非、座右の銘にしてください。続編も書く予定です。
学び

【小論文のルール】瞬間接着剤の助詞「が」を使うと文章は仮死状態

接続助詞「が」の使い方は想像以上に難しいです。しかしあまり意識的に用いている人はいません。逆説と順接の両方に使えるので、とても便利なのです。しかしそれが落とし穴です。つい「が」を入れた文を書いてしまう悪い癖がなかなかなおらないのです。
学び

【小論文の修練】新書を最低10冊読んで基礎知識を学ぶ【志望分野】

課題文型の小論文には基礎知識が必要です。自分の進みたい領域に関する新書を最低10冊は読んでください。さまざまな角度からの文章を読むことで、視野が広がります。何も知らずに小論文を書くというのは無茶です。有効な方法論を身につけましょう。
学び

【小論文の掟】バランスのいい新鮮な文章が感動と共感を読者に与える

どのような文章を書けば、読者は感動と共感を抱いてくれるのでしょうか。難題ですね。それがわかっていれば苦労はしません。大切なことは書き手の心の中にあるものがそのままの形で素直に表現されることなのです。相手を驚かせようとしても無駄なことです。
暮らし

【孤独との対話】言葉の森で彷徨い続ける覚悟があれば必ず生き残れる

人は言葉によって鍛えられます。孤独の中でもどのような表現を手にしているかによって、生き残っていけるのです。それには知性と覚悟が必要です。コミュニケーション能力は確かに大切です。しかし、それ以上に自分の内面に深く降りていく覚悟を持つべきなのです。
暮らし

猛暑の夏を乗り切る方法が全く見えない【ついでのオリンピック】

今年の夏は特別な夏ですね。ついでのようなオリンピックが始まります。ほとんどすべての競技が無観客だという大会です。この暑さの中で応援をしてくれる人もいない競技場でプレイをする選手はどういう気持ちなのでしょうか。日本の夏は試されています。

【知の巨人・立花隆】秘書日記に綴られた意外なジャーナリストの素顔

知の巨人、立花隆が亡くなりました。80歳でした。彼は3万冊の本を読み、100冊の本を書いたと言われています。その事務所が募集したアシスタントに応募した人の日記があります。立花隆の素顔をそのまま描き出しています。
タイトルとURLをコピーしました