スポンサーリンク
進学

英語のリスニングはNHKラジオ講座なしでは無理

英語のリスニング能力は簡単に身につくものではありません。なるべく効率的に学ぶにはラジオ講座が一番です。その中でも「実践ビジネス英語」が最適。1年頑張れば、必ず聞き取れるようになります。そして新しい大学入試に要求される話す力も身につくのです。
進学

看護系小論文のキモは弱者へのやさしさと思いやり

看護系小論文は他の小論文と少し違います。医療従事者となるために必要なものはやさしさと思いやり。論理だけで押し通す文章では高い評価が得られません。高齢化社会の現在、難問が山積しています。勉強をしなければなりません。
落語

寄席で怪談噺を聞くと怖くて寒気が増すという真実

夏になると、怪談噺がよく寄席ではかかります。噺を聞きながら、一時の涼をとる風情が実にいいですね。三遊亭圓朝の代表作、「怪談牡丹灯籠」と「怪談乳房榎」の世界にご案内いたします。ちょっとだけ寒くなりますよ。
スポンサーリンク
進学

大学入学共通テストは情報戦の縮図という予感

2020年度から始まる大学入学共通テスト。試験科目やその内容についてもまだ未定のことが多いようです。さらに私立大学がどういう形で参加するのか。外部試験の利用形態は。これから本当の情報戦が始まる予感がします。
進学

大学入学共通テストは英語力の差を広げるという分析

2020年度から始まる大学入学共通テスト。英語の話す、書く能力をみるために外部テストが導入されます。しかし問題点の検証も十分ではありません。高い費用を出して、どの程度の見返りがあるのか。格差社会のひずみが出なければいいのですが。
落語

落語家と狂気の相性は柳家喬太郎で決まりという説

落語家は時に狂気と出会うことがあります。どこまでもその感情にのせられて噺をする。それが名演に繋がることもあります。柳家喬太郎は狂気と最も相性のいい稀有な資質をもった噺家です。これからの活躍がますます期待される新作、古典に通じた落語家です
Book

受験脳は親子の読書習慣なしに育たないという話

新しい大学入試制度が2020年度からスタートします。自分で考える能力がなければ、合格はおぼつきません。受験脳をどのように育てたらいいのか。悩みはつきないのです。そのためのカギは読書。自分の力で読み取る能力を養う以外に手はないのです。
進学

令和の学歴格差、親の情報と年収を徹底的に比較する

地方と都市の情報格差は以前より縮んだと思われます。インターネットが普及したおかげです。その一方で収入の格差が激しくなっています。それが学歴に如実に反映される時代になりました。一方、都立高校と私立高校の争いも熾烈さを増しています。
シニア

gaccoは無料、英語からプログラミングまでの活用術

gaccoはネット大学の代表。会員57万人を誇る無料の大学です。最速で英語からプログラミングまで、さらに哲学から理系演習まで、あらゆる分野を網羅しています。これを利用しない手はありません。
シニア

ピアノが弾けるシニアはいつまでも女性のアイドル

ピアノが弾けるシニアは女性にとって憧れの的です。それもジャズピアノが弾けたら最高。ムードのある曲で女性の心を柔らかくします。シニアにとっての必須アイテムがピアノなのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました