学び

スポンサーリンク
学び

【小論文】反論のための座標軸の設定こそが論理力躍動の原点!

日本の国語教育は論理を前面に出すシステムになっていません。感覚や感情を優先した日本語の構造に由来するものです。小論文の難しさはこの思考の果てにあるのです。自分で反論のための座標軸をつくり、立ち位置を明確にしなければ文章は書けません。
学び

【小論文】同等・対立・因果の関係を常にチェックすれば論理性は完璧

小論文を書く時、1番大切なのは論理性です。それを読み解くためのカギは同等、対立、因果の関係を明確にしていくこと。文章の進行プロセスを正確に掴めば、必ず合格答案になります。今回は国語力の弱体化を論点にしながら、文章の書き方の基礎を学びます。
学び

【小論文】独りよがりの指示語を説得力のある語句になおせばOK!

小論文を書く時、1番注意することは曖昧な表現を使わないこと。独りよがりの指示語はダメです。必ず説得力のある語句になおすこと。誰が読んでもなるほどと納得してくれなければ、合格答案にはなりません。教育と格差の問題を論じながら一緒に考えましょう。
学び

【小論文】論拠の説明スキルには空間配列のルールを使えば絶対満点!

論拠を説明する時には、大きい情報から小さい情報への順で並べていけばいいのです。空間配列のルールを知っていれば悩む必要はありません。今回は環境問題をサンプルにして、どう文章を構成すればいいのかを考えました。文章の抽象度にこだわってくださいね。
学び

【小論文の方法】字数が足りない時に分量を調節するテクニックはこれ

小論文を書いている時、どうしても言葉が出てこなくなる瞬間があります。そういう時に一番役に立つ表現が「たとえば」です。自分の経験などを前面に出せば、必ず文字数の分量が増えます。筆者の立場に対して反対の立場にたってみるのも1つの方法ですよ。
学び

【小論文】キーワードを図解的に示しチャート化してから書き出そう!

小論文を書く時、最初にすることはブレインストーミングです。キーワードをまず集めます。そして線で繋いでください。バラバラだった言葉に関係が生まれます。一番太くなったところが最大のポイントです。関連性を十分に意識して書き始めてください。
学び

【小論文の作法】やってはいけない絶対NGな3つのパターンはこれ!

小論文の試験でこれだけはしちゃダメというパターンを取り上げました。制限字数に足りないもの、論理性のないもの、誤字脱字・ら抜き言葉・若者言葉などは絶対NGです。こうした点に注意して文章を書けば合格答案間違いなし。頑張って身につけてくださいね。
学び

【医療系小論文】インフォームド・コンセントで患者の自己決定を優先

医療系小論文において、インフォームド・コンセントは大切なキーワードです。日本語では説明と同意と訳します。患者があらゆる場面で自分の意志を前面に出すのが基本です。医療者は患者の背後から支援する立場を忘れてはいけません。3つの因子を解説します。
学び

【小論文】傍観者の姿勢を捨て当事者意識を持ってテーマにぶつかる

小論文を書く時一番大切なことは当事者意識です。けっして傍観者になって一般論を語ってはダメです。つねに自分の立場から発想すること。そうするだけで文章に勢いがつき、力強く説得力が増します。少子化、晩婚化について具体的に書き方の方法を考えました。
学び

【医療系小論文】安楽死と尊厳死のテーマをどう深掘りして書くか

医療系小論文には難しいテーマが多いです。特に安楽死と尊厳死、臓器移植と脳死です。それぞれがリンクしあっています。それぞれの民族が持つ倫理観は非常に複雑で、簡単には解答できません。しかし小論文のテーマとして出題されるケースが多いのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました