スキル

学び

【小論文・言語・グローバル化】英語はもう欧米人の固有言語ではない

外国語の学習熱が高いです。ことに英語に対する熱はものすごいものを感じます。グローバル時代を迎えあらゆるシーンで必要になっているのです。しかしどう扱えばいいのかということを考えなくてはいけません。スキルとしての国債共通語への道を論じました。
学び

【小論文の超極意】改行と句読点の重みを知ると文章が突然生きてくる

小論文の難しさはきちんとした文章を書けるかどうかにあります。ただの作文ではダメ。そこに明快な論理がなければなりません。そのために必要なのが段落構成と正確な句読点です。基本的な改行を学んでいないと、構成力があることを示せません。
暮らし

【AI全盛時代】生き抜くためのスキルはズバリこの3つ【残る仕事】

AI全盛のこの時代を生き抜くためのスキルは何か。難しいテーマです。人工知能が最も苦手とするのは人間の感情です。どうやってそれを理解するのかということが最も不得意なのです。逆にいえば、その分野の仕事は生き残れます。そこに照準をあわせてください。
学び

【小論文テーマ】2021年度はことば・社会情勢・環境が神【都立】

2020年度の高校入試小論文テーマを分析しました。言語、社会情勢、環境がトップです。2021年度もこの内容はかわりないと思われます。唯一論点として1番重くなるのは新型コロナ禍の後の世界ということでしょう。世界の価値観の変容についてです。
学び

【小論文の基本姿勢】反論へのエナジーが論理性と構成力をはぐくむ

小論文を上手に書ける人は正確な構成力を持っています。どうしたら合格答案が書けるようになるのか。たくさんの課題文にチャレンジして下さい。苦しいですが最初のうちはまず反論を試みましょう。メソッドと割り切って書き続けるのです。必ず実力がつきます。
暮らし

【自分資産】レバレッジの効くスキルを持ち人間関係のスキマを狙う

これからの時代に通用する資産は何か。家でもお金でもない。いざとなった時、本当に役立つのは人との関係です。レバレッジの効くスキルを持つことが必要です。正面からでは無理な場合でもナナメからのスキマをねらいましょう。まず行動してみることです。
暮らし

【自分ルール】ダイナミックなリストラをして暮らしを根本から見直す

まもなく4月。新しい自分ルールを作るいいチャンスです。今までの惰性的な暮らしから新しい方向へ歩き出してください。テレビを見ない。スマホの使い方を見直す。今までとは違うジャンルの本を読む。お金の使い方をかえる。すべての行動ルールが対象です。
暮らし

【好感度】機嫌の良さとゆるい空気感が信頼される人の存在感を育てる

信頼される人になりたい。しかしこれほど難しいことはありません。どのようにしたらいいのでしょうか。他人を緊張させないゆるさを持つことです。自然体でいられる雰囲気を作ることです。意図的にではありません。それには機嫌の良さが1番大切なのです。
学び

【小論文】論拠の説明スキルには空間配列のルールを使えば絶対満点!

論拠を説明する時には、大きい情報から小さい情報への順で並べていけばいいのです。空間配列のルールを知っていれば悩む必要はありません。今回は環境問題をサンプルにして、どう文章を構成すればいいのかを考えました。文章の抽象度にこだわってくださいね。
落語

いま落語を聞けば絶対得する5つの理由を全公開

落語ってなに みなさん、こんにちは。 アマチュア落語家、ブロガーのすい喬です。テレビの人気番組、「笑点」を見たことがありますよね。色とりどりの着物を着た噺家さんが、たくさん布団を並べて、面白いことを言って…。 どうやったら、あんなウィットに富んだギャ...
タイトルとURLをコピーしました