【WordPress功罪】ブログオワコン説を跳ね返すのは楽しむ心

ブログ

ブログの明日

みなさん、こんにちは。

ブロガーのすい喬です。

毎日ブログを書き出して1年と3カ月

楽しいのでついここまで来てしまいました。

以前はMovabletypeでブログを作っていました。

懐かしいです。

今も使っている方もいるでしょうね。

とにかく難しかった。

その前はずっとホームページビルダーでした。

この時代が15年くらいです。

そして満を持して最後に登場したのがWordPress。

実は落語の会のブログを運営することになり、ある会社のWeb担当者に会ったのがきっかけです。

従来のものと全く違うサイトを作りたいので、協力して欲しいと申し入れました。

その時にサンプルとして提示されたのがこのCMSなのです。

オープンソースで無料というところに惹かれましたね。

CMSとはContents Management Systemの略です。

簡単にいえばWebサイトのコンテンツを構成する情報を1度に保存して管理するシステムのことです。

つまりオールパッケージソフトといった方がわかりやすいでしょうか。

このソフトの中に全部詰め込んじゃえば、ブログらしくなるのです。

Pezibear / Pixabay

誰にでもすぐできます。

とはいえ、最初は苦労しましたけどね。

なぜそんなに簡単かといえば、テンプレートがたくさん用意されているからです。

Movabletypeの頃はいかにも素人くさいデザインばかりでした。

それが突然プロのサイトになっちゃったのです。

それもタダ。

使わない手はないでしょう。

レンタルサーバー業界の商魂

今はブログをやろうと思ったら、まず業者のやっているレンタルサイトを考えますね。

これは超簡単。

IDとパスワードだけ決めれば、その瞬間から自分のブログができます。

日記と備忘録、エッセイなんかには最適です。

ちょっとお金を出せば広告も消えます。

「はてな」なども人気ですね。

ここまではいいのです。

しかしその次の段階に進もうとすると、これじゃつまらない。

どうしてもデザインや使える写真のレイアウトなどがお仕着せになります。

27707 / Pixabay

もっと自由にやりたいでしょ。

ここで登場するのがWordPressです。

それを後押ししたのがレンタルサーバー業界です。

彼らの商魂はすごい。

なにしろ全然わからない人を相手にして怯むことがありませんでした。

mohamed_hassan / Pixabay

このCMSには幾つかの関門があるのです。

それがPHPとデータベース(MySQL)。

この2つが使えないとWordPressはできません。

全くの初心者がすぐ使いこなせるほど簡単ではないのです。

しかしそれを大手はやっちゃいました。

自動インストール機能

代表はさくらインターネットとXServer、ロリポップ、ConoHa、mixhost…。

サービスとして全部自動化したのです。

サーバーを借りればあとは瞬時にインストールまでしてくれる機能をつけたのです。

これがなければ広くは普及しませんでしたね。

さらにいえば、ドメインまで世話してくれるところもあります。

素人とはいえ、なんだかわからないうちに、自分のサーバーに全てのファイルがインストールされ、ブログが立ち上がることになったのです。

これはすごい。

以前ならWordPressのサイトから凍結されたファイルをダウンロードし、それを解凍して自分のサーバーに入れました。

これが結構な手間でしたね。

ちょっと非力なサーバーだと入り切れないのがあったりして、それを確認するのに手間がかかったのです。

今はそんなこともありません。

全て自動。

わずか1~2分の話です。

この

おかげで広く普及しました。

しかしいいことばかりではありません。

最近ではハッカーに狙われやすいCMSの代表になりました。

今もセキュリティの不安は尽きませんね。

あたりまえのことですがコードがみんな同じなのです。

家の間取りが全部丸見えで、共通してます。

mohamed_hassan / Pixabay

ひとたびカギを破ればすべてのWordPressに侵入することが可能になるわけです。

アップデートも頻繁になりました。

それだけ危険度が増したということなのです。

しかしユーザーは半ば素人の人がほとんどです。

個人情報を抜かれる危険や、パスワードを知られる可能性は否定できません。

マネタイズしたい

少しブログを書き出してみて思うのは、これでお小遣い稼ぎができないかということです。

たくさんのデータがネットにも載っています。

簡単ですよ、すぐに稼げますよと書いてあります。

とんでもありません。

そんなに簡単なら誰でもやってます。

実際はそのためのネット講座とか、本を売るための宣伝ブログだったりすることが多いのです。

アフィリエイトをやってみればよくわかります。

それほど簡単に人は財布の紐を緩めたりはしません。

Skitterphoto / Pixabay

さらにアドセンスに挑戦してみたいという人もいます。

最近は希望者が多いので、Googleの審査はかなり厳しいようですね。

なかなか通り抜けられないと聞きます。

何度かチャレンジし、やっと通過できたとしましょう。

とはいえ、すぐに金銭のことを考えるのには無理があります。

毎月、これだけの収入があるなどと書いてある記事は、ほとんど信用できません。

数年かけて気長にやるという態度が必要でしょう。

大半の人は基本の額に達せず諦めるのです。

広告は読者にとって基本的にストレスなのです。

なければない方がずっと落ち着いて読めるのです。

このことをまずおさえておいてください。

むやみにマネタイズのことは考えない方がいいです。

楽しみのためと純粋に割り切ればこんなにいい素材はないのかもしれません。

自分の世界です。

記事が増えていけば、嬉しいものです。

コメント欄など無理につける必要はありません。

全て拒否するためのプラグインもあります。

自分のことを考えてみると、以前にやっていたホームページとは雲泥の差です。

そのデザイン性を考えただけでも月とすっぽんですね。

すばらしいテンプレートを無料で配布してくれる組織や個人があってこその現在です。

もちろん、有料のテンプレートを使えれば、また違う表情になるのでしょう。

ただしプラグインの信頼性がどこまであるのかは疑問の余地があります。

全て無料で公開されているのです。

しかし本体のバージョンアップにプラグインがついていけないケースも多々あります。

不具合があちこちで生じています。

あくまでも個人の責任で使うというレベルにとどめておくのがいいと思いますね。

あまり深入りしすぎると、ハッカーのターゲットになる可能性もあります。

ブログに明日がないなんてことはありません。

文字と人間が離れるワケはないのです。

動画と文字媒体はそれぞれの特性を持っています。

大切なのはサーバーをきちんと選ぶこと。

あまりに低価格なところはそれなりの品質しかありません。

少し高くても安定したところにしないと、あとでまた引っ越しをしなくてはならなくなります。

WordPressの自動インストールが使えるといいですね。

この機能はお勧めです。

すごく楽ですよ。

エックスサーバーはX10プラン、ConoHaはWINGパックベーシックプラン、mixhost・ロリポップサーバー・さくらレンタルサーバー共にスタンダードプランあたりが無難です。

ちなみにぼくはXServerを使っています。

スポンサーリンク

バックアップ機能もついてますので、安心です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました