人間関係

暮らし

【人間関係・トラウマ】他人が怖いという感情が全ての不信の原因だった

他人が怖いというのは誰もが持っている感情です。自分を表現できないつらさはだれにでもあります。しかし人は少しずつ、他人に自分をさらけだしながら、自己肯定感をたかめていくものなのです。そのためにはどうしたらいいのか。少し考えてみましょう。
学び

【小論文・不登校】多様化する原因と背景を探り対策を示すのがカギ

不登校の生徒が後を絶ちません。なぜでしょうか。原因は多岐に渡っています。無理に登校させよとするのではなく、生徒に正対し、心を開いてもらいながら、その解決法を考えていくことが大切なのです。原因と背景は複雑です。焦ってはいけません。
暮らし

【風水・時間・ゆとり】心地よい人間関係の基本は風の通る道にあり

人間関係の基本は風がよく吹き抜ける関係です。なんのわだかまりもなく、他者とコミュニケーションをとるのはそれだけで大変に難しいことなのです。気という言葉は人間同士を結びつけるときの大切な表現です。つねに心にゆとりをもって交流したいですね。
暮らし

【人間関係】他人との距離感がスマート度チェックの決め手 【基本】

人間関係を平穏にキープし続けるのは大変です。大切なことは近づきすぎないこと。お互いが懐かしい関係にいることです。どんなに親しい人でも常時顔をあわせていれば必ず衝突します。他者との距離感をどうしているかで、その人のスマート度がわかるのです。
学び

【徹底比較】校則の緩さと偏差値が比例するというウワサは本当なの?

校則と偏差値の関係はどのようなものでしょうか。一般的に偏差値が高い学校には、ほとんど校則がないです。あっても非常に緩いです。反対に偏差値の低い学校は校則が厳しく、なかには理不尽なものもあります。そこまでしなければ、統率がとれないのです。
暮らし

【会話の鉄則】自分の立ち位置を把握し相手の世代・環境を読めばOK

コミュニケーションの基本は自分の立ち位置を知ること。それがわかれば相手との距離が測れます。次にどの世代に属しているのか、どのような成育環境にいたのかを見極めましょう。そうすればほぼ間違いなくスムーズな会話ができ、楽しい時間が持てるはずです。
暮らし

【コミュ力】トホホ話と礼儀・表情・仕草が瞬時に立ち位置を変える

コミュニケーション能力を上げるのは難しいことですね。1番大切なのはどこまでも相手の気分をそらさないということです。自分のトホホ話も大切ですね。さらに礼儀です。挨拶をしっかり。そして表情、態度で相手を敬っていることをしっかり表現してください。
暮らし

【自分資産】レバレッジの効くスキルを持ち人間関係のスキマを狙う

これからの時代に通用する資産は何か。家でもお金でもない。いざとなった時、本当に役立つのは人との関係です。レバレッジの効くスキルを持つことが必要です。正面からでは無理な場合でもナナメからのスキマをねらいましょう。まず行動してみることです。
暮らし

【話題】相手の知りたいこと喋りたいことに耳を傾ければ会話は満点

悩みには果てがありません。その中でも1番深刻なのが人間関係です。これが全体の8割だとか。どうやったらうまく関係が築けるのでしょう。第一に会話が楽しくはずまないとダメ。そのための秘訣はとにかく聞く力です。あなたは相手の話を黙って聞けますか。
タイトルとURLをコピーしました