落語

寄席で落語を聞くなら池袋演芸場が一番という5つの理由

都内にある寄席の中で一番駅に近いのが池袋演芸場です。駅徒歩1分です。噺家の持ち時間が長いので、たっぷりと落語を堪能することができます。本当の落語通が出向く寄席なのです。
学び

無料の英単語学習アプリはmikanかスタサプで決まり

英語を学習するための無料アプリはたくさんあります。今回は単語を学ぶならこれという鉄板アプリを紹介します。それはmikanとスタディサプリです。この2つのどちらかで、英単語力は飛躍的に伸びます。
暮らし

高齢者は未病と養生の2文字を胸に漢方薬とお友達

高齢になると、慢性的な疲労や痛みに襲われたりします。そのような時に漢方薬は大変効果をあらわします。診断の仕方や、名医と言われる人の条件などを考えてみました。

池井戸潤のお勧めは下町ロケットより銀行ミステリー

池井戸潤の小説はどれを読んでも面白いです。ここでは評判の下町ロケットよりも痛快な銀行ミステリーを紹介します。人間の欲望がこれでもかと渦巻く金融の世界。その最先端にあるのが銀行なのです。
暮らし

保育士の転職は経験と人柄!子供好きが一番の決め手

現在は空前の保育士不足。転職希望者も多いのです。しかし目指す転職先がなかなかみつからず、悩んでいる人が多いのも事実。実際の試験でどのようなことが質問されるのか。どんな作文、小論文が出るのでしょうか。
学び

2020年度入試小論文のテーマはAI革命・少子高齢化・環境で決まり

2020年度大学入試小論文のテーマは難問が予想されます。AIや高齢化、格差社会などを中心に、現在の世界や日本が抱えているテーマが目白押しです。環境問題も忘れてはいけません。受験生は自分の言葉で必ずこれらのテーマをまとめてみる練習をしておいてください。
学び

通信制高校はスクールカーストのワクを超えたというリアル

通信制高校が今やトレンドになりつつあります。厳しい校則や人間関係のワクを出て、自分の好きな時間に勉強をするという新しいライフスタイルが現代の若者に受け入れられました。今後の動向がますます注目されています。少しも進学を恥じることはありません。
学び

【無料】英語のリスニング練習はスキマ時間にNHK WORLDで!

英語のリスニングはNHK神アプリで決まりです。たくさんある無料アプリの中で、最高の品質、コンテンツを誇ります。その人的配置の確かさも十分に誇れるものです。これだけの内容が無料では勝ち目がありません。スキマ時間に大いに活用してくださいね。
暮らし

介護から介護への転職!次も福祉の世界で働きたい

団塊の世代が75才以上となる2025年、介護の必要な人は800万人に達します。しかし必要な介護士の数は全く足りません。労働環境の悪さ、賃金の低さなど問題が山積しています。どうしても今の職場では無理となったら、その時は転職しかありません。
暮らし

看護系転職小論文によく出題される厳選テーマ15

看護師の転職は予想以上に多いです。給料、人間関係、勤務体系などさまざまな要因があります。実際に転職する際、必要なのは志望動機書。さらに小論文への対応も重要です。ここではよく試験にでるテーマ15題を選んでみました。

松本清張のミステリーは人間のカオスから生まれた

作家松本清張のミステリーは今も多くの読者をつかんで離しません。どこにその魅力があるのか。彼の文学の源泉を探っていきます。代表作『点と線』に秘められた謎とは何か。
学び

英語のリスニングはNHKラジオ講座なしでは無理という現実

英語のリスニング能力は簡単に身につくものではありません。なるべく効率的に学ぶにはラジオ講座が一番です。その中でも「実践ビジネス英語」が最適。1年頑張れば、必ず聞き取れるようになります。そして新しい大学入試に要求される話す力も身につくのです。
学び

看護系小論文のキモは弱者へのやさしさと思いやり

看護系小論文は他の小論文と少し違います。医療従事者となるために必要なものはやさしさと思いやり。論理だけで押し通す文章では高い評価が得られません。高齢化社会の現在、難問が山積しています。勉強をしなければなりません。
落語

寄席で怪談噺を聞くと怖くて寒気が増すという真実

夏になると、怪談噺がよく寄席ではかかります。噺を聞きながら、一時の涼をとる風情が実にいいですね。三遊亭圓朝の代表作、「怪談牡丹灯籠」と「怪談乳房榎」の世界にご案内いたします。ちょっとだけ寒くなりますよ。
学び

大学入学共通テストは情報戦の縮図という予感

2020年度から始まる大学入学共通テスト。試験科目やその内容についてもまだ未定のことが多いようです。さらに私立大学がどういう形で参加するのか。外部試験の利用形態は。これから本当の情報戦が始まる予感がします。
学び

大学入学共通テストは英語力の差を広げるという分析

2020年度から始まる大学入学共通テスト。英語の話す、書く能力をみるために外部テストが導入されます。しかし問題点の検証も十分ではありません。高い費用を出して、どの程度の見返りがあるのか。格差社会のひずみが出なければいいのですが。
タイトルとURLをコピーしました