【WordPress・Cocoon】ブログはいつもラビリンス全開

ブログ

ブログはラビリンス

みなさん、こんにちは。

ブロガーのすい喬です。

今回は数日前からの顛末をちょっとご披露させてください。

このブログはWordPressというアプリの上に乗って作られています。

現在最もポピュラーなブログ用のソフトです。

以前はMovableTypeというのが主流でしたけど、有料だったりプラグインがあまりなかったりしたので、すっかり下火になりました。

ぼくも以前はずっと使っていたのです。

いつの間にかWordPressの時代になってしまいましたね。

これからブログを始める人もまずここからチャレンジしなくてはなりません。

なんといっても無料というのが魅力です。

次々と新しいステージへ導いてくれます。

つい数日前、最新版5.6にバージョンアップされました。

何がすごいのかといえば、テーマとプラグインがたくさんあることです。

テーマはデザイン付の仕様と言い換えてもいいかもしれません。

これを取り替えれば、その瞬間、全く新しいブログにうまれ変わります。

テーマは無料のもあれば、有料のもあります。

27707 / Pixabay

ぼくはCocoonという無料のをもう2年近くも使わせてもらっています。

この選択が最初の大切なポイントですね。

途中からテーマを取り替えるというのは想像を絶する手間です。

どれにするのかは、じっくりと考えてください。

今の形になる前、いくつか試みましたが無料のものの中ではCocoonがダントツです。

非常によくできています。

あるサーバーには自動でCocoonがインストールできるシステムまで備え付けられているのです。

それくらいすごいんです。

WordPressとの相性

プラグインのことも少しはお話しましょうね。

WordPressが屋台骨だとすると、プラグインは枝葉です。

骨格がデンと座っているところに、自分の欲しいアプリをくっつけていきます。

必ず必要なもの。

それほどでもないもの。

いろんなのがあります。

たまには相性のよくないアプリがあったりして、しばらく悩むなどということも出てきます。

プラグインがあることで、WordPressは完璧なソフトになるのです。

まず最初がWordPress本体。

次がテーマの選択。

最後がプラグインです。

テーマは有料のものがいいという人もいます。

確かに差別化を図ろうという人にとっては有料の方がいいかもしれません。

しかしサーバー代やドメイン代を支払った後に、テーマ代の捻出は正直痛いです。

いくらぐらいするのか。

1万円から2万円といったところでしょうか。

もちろん、もっと高いのもあります。

お金を出すとしたら、アフターケアのしっかりしたテーマを見つけましょう。

日本語で書くブログには、やはり日本製の方がいいような気もします。

この点に関してはいくらでも記事があります。

少しググるとたくさんの関連した内容のものが出てきます。

決めるまで悩むのも案外楽しいもんです。

ブログは既にテーマ選びから始まっているのです。

バージョンアップは要注意

WordPressも随分とバージョンアップを重ねてきました。

つい数日前にアップされた5.6が現在のところ最新です。

以前とはエディターの形式が隋分かわりました。

書き込み欄のことです。

ブロック型というのです。

これはもう理屈じゃないですね。

習うより慣れろです。

ぼくも突然今のスタイルになった時はどうしようかと思いました。

以前のクラシックエディターに戻るというプラグインまであるくらいです。

今でもきっと以前のバージョンの書き込み欄を使っている人がたくさんいるのでしょう。

それでもとにかくぼくは決心したのです。

以前のスタイルにこだわっていると、新しいやり方が覚えられないと覚悟を決めました。

最初はすごくとまどいましたね。

それでも今はなんとか写真や広告などを入れられるようになったのです。

ところが好事魔多し。

バージョンアップはいいのですが、テーマとの相性があります

本体はある意味勝手にどんどんシステムを変えていきます。

それにつれてテーマとプログラムとの間にバグが生じるのです。

今回は本当にまいりました。

いつもの入力画面が全て左に寄ってしまい、突然文字が小さくなってしまったのです。

どうやっても書き込めそうにありません。

正直、もうダメかと思いました。

すぐに関係のサイトを調べると、かなり以前のQ&Aがあるだけ。

まだ製作者のYさんにまで、情報が届いていないということがわかりました。

それでもWordPress本体のバージョンを元に戻すプラグインを見つけて、なんとかインストール。

やっと形だけは元に戻りました。

そこまで丸1日戦いました。

数日後やっと修正可能に

その後ずっと同じサイトを見続けていると、やっと不具合の知らせが出てきました。

制作者に情報が届いたようです。

そこからがすごかったですね。

1日くらいで不具合の原因を発見し、修正プログラムを出してくれました。

ところがすぐにそれをバージョンアップなどはしません。

公開前のプログラムだけを公開している専門のサイトにまずアップします。

そこでしばらくチェックしてもらうのです。

早く修正したい人はそれをダウンロードして上書きします。

実に手間がかかります。

自分が使っているソフトと内容の違うところだけ上書きするという荒業です。

ぼくも慌ててやりました。

2600ぐらい細かなファイルがありましたね。

それでもなんとかなりました。

しかし今度は突然ブログの目次が左に寄ってしまったのです。

それまではど真ん中にあったのに…。

修正プログラムなんてどこにもありません。

やっと見つけたのは1時間後。

以下のCSSを追加CSSか、子テーマのCSSに追記すれば、中央に配置されるようになりました。

.toc-center {
margin: 1em auto;
}

geralt / Pixabay

これで完全になおったというワケです。

修正アップロード版が出たのは昨日の夜。

今回は全部の行程を終了するのに4日間ほどかかりました。

ブログの世界はラビリンスそのものです。

しかしそれが楽しいのだから仕方がありません。

随分暇人だなあと思われたかもしれません。

ぼくもいつかプログラミングでCocoonのようなものすごいテーマを作れたらいいんですけどね。

どう考えても無理そうです。

創作者のYさんには頭があがりません。

スポンサーリンク

感謝の言葉だけです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました