【サイドハッスルは忍耐と情熱の2Pで】1年間はやせ我慢を貫くこと

ブログ

2Pってなんのこと?

みなさん、こんにちは。

ブロガーのすい喬です。

まずタイトルにある2Pの説明から…。

まさに忍耐と情熱のことです。

PatienceとPassionの略です。

この2つがないとこれからの話にはとてもついていけないと思います。

ちょっとだけ心の準備をしてくださいね。

今回はサイドハッスルの話です。

この言葉はご存知でしょうか。

簡単にいえば副業のことです。

仕事を持っていながら、ちょっと別のことにも手を出す。

本業の他にも、自分が楽しいと思う事、心から打ち込める事、それでいてお金が稼げる仕事のことを「サイドハッスル(side hustle)」と言います。

ハッスルっていうのはお金を稼ぐという意味のスラングなんです。

正確にいうと副業とはちょっとだけ違います。

どこが。

お金のためだけに仕事をするのではありません。

むしろ楽しみの比率がすごく高いのです

というより、ほとんど楽しみだけなのかも…。

こんなことをいうと、恰好のいいことを言うなとお叱りを受けそうですね。

もちろんやるからには、少しでも本が買えたり、おいしいものが食べられたりしたら嬉しいですけどね。

生活費の足しにしようなんて思ったら、すぐにアウトです。

1カ月も持ちません。

あっという間にイヤになります。

何をやるのか

ぼくはブログをやってます。

人によってはYoutubeなんていうのも可能です。

ハードルはそんなに高くありません。

スマホ1台からできるのです。

そういう時代になりました。

情熱がなければ続かないというのはどういうことなのでしょう。

普通のサラリーマンが毎日ブログなんて書いていられるワケがありません。

とにかく時間がかかります。

むしろYoutubeの方が早いくらいです。

例えば土日に1本ずつ記事を書くとしましょう。

1年間で約100本。

それをSNSなどを使って拡散したとしましょう。

その記事にアフィリエイトとかアドセンスを貼り付けるのです。

さて何人の人がその記事を読んで、そこに載っている広告をポチってくれるのか。

考えただけで、眩暈がしそうです。

最初のうちは1日に10人の読者が来てくれたら、もう万々歳です。

その中の0.2%。

これがマーケティング上のヒット数の理論値です。

もしかしたらちょっとだけアドセンスの広告をクリックしてくれるかもしれません。

しかし読者の信頼を得られなければ、そんなあやしいサイトから誰もものを買おうとはしないでしょう。

広告にだって興味を示してはくれません。

つまり最初は信用度が著しく低いのです。

例えば月に300人の人が見にきてくれたとしましょう。

その0.2%とはわずか1人に満たないのです。

最初の1カ月は誰もポチってくれません。

これが現実

大体の人はここいらでやめちゃうのです。

とてもじゃないけど、やってられない。

第1に自分でサーバーを借りて、ドメインを持つだけでかなりの出費です。

そのうえ、休日にせっせと記事を書いて時間を消費します。

その結果がここに示した通りなのです。

そんな暇人の遊びに誰がつきあってくれますか。

AbsolutVision / Pixabay

ばかばかしいと思うのが普通です。

だから最初に示した通りの2Pが必要なのです。

1年間はなんにも言わずにただ書き続けます。

支えてくれるものは熱情だけです。

書くことが好きじゃないとダメです。

しかしたくさん書いていると、どんどんスキルがあがります。

それにあわせてスピードも早くなります。

成果なんか忘れてください。

ただ楽しむのです。

次は何を書こうか。

この次の記事のテーマを何にしようか。

geralt / Pixabay

カテゴりーは幾つあったらいいのか。

あの新聞の内容をもう少し自分なりに表現したらどうなるのか。

これだけは読者に教えてあげたい。

ニッチな情報はまさにこれでしょ。

次から次へとテーマが浮かんできます。

それを必ずメモしておき、記事にしていくのです。

ゆっくりと成長を

慌ててはいけません。

ブログと一緒に自分も成長していけばいいのです。

足りないところは自分で調べてみる。

世の中にはあなたの発するその情報が知りたかったという人が必ずいるのです。

その我慢の連続がだんだん記事のアーカイブになります。

これはもう財産そのもの。

いつでも読者に公開している記事なのです。

2年間やり続ければ200の記事がネット上に広がります。

3D_Maennchen / Pixabay

その間はひたすらやせ我慢です。

でもやってみると、案外楽しいですよ。

そのうち、どうしてもグーグル検索の上位を目指したくなります。

当然、読者も検索の上位にある記事に目を通してくれますからね。

そのための方法を探りたくなります。

今まで考えてみたこともない世界の本を読まなくちゃなりません。

視界が一気に開けます。

世の中の仕組みが前よりもよく見えるようになります。

短期的に成功しようなんて思わないこと。

ちなみにぼくは去年の6月9日からこのブログを始めました。

なんにも考えずに毎日書いています。

今日で375記事になりました

本当です。

自分でもちょっと信じられません。

毎日書かないと気持ちが悪いです。

もうルーティンになりました。

読者の数も増えつつあります。

しかしそんなことは気にせず、マイペースで楽しんでいます。

毎日、パソコンの前に座って書き続けているのです。

ちっとも飽きません。

いくらでも書きたいことが出てきます。

それがきっと収益がなくても続けられる源泉になっているんでしょう。

よく広告に書いてありますね。

短期間でものすごく儲かるとか。

あれはウソです。

そんなにうまくいくのなら、みんなやってます。

現実をみてください。

1年続けられる人は、そう多くないのです。

途中で脱落していきます。

それでもやってるのはなぜか。

楽しいからです。

まさにこれがサイドハッスルの原点そのものなのです。

自分を表現することの心地よさを味わってください。

スポンサーリンク

もうやめられませんよ。

2Pを忘れないでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました