【低スペックPC・復活】WindowsはやっぱりすごいOSだ

ブログ

動かない

みなさん、こんにちは。

ブロガーのすい喬です。

ノートパソコンを3台とデスクトップを1台持ってます。

その他にタブレットとスマホですかね。

PCがなければどうにもなりません。

このブログの記事も書けないのです。

いつも動かしているのはcorei7のデスクトップとcorei3のノートです。

これだけあれば十分です。

だから以前買ったセレロンのにはリナックスを入れて遊んでました。

実にサクサクとよく動きます。

LinuxMintのCinamonをインストールして使っていたのです。

軽いですよね。

結構面白い。

初期画面もかわいいです。

Dropboxなども入れて、Windows版とリンクさせていました

いくつか別のアプリも入れて、ネットも見ました。

しかしなんといっても面倒臭いんです。

慣れていないせいなんでしょうね。

新しいアプリをいれようとすると、リポジトリというアプリの格納倉庫へ行って探してこなければいけません。

これはタブレットやスマホと同じです。

しかし使い方になじんでいないアプリが多くて、細かなところで次々とひっかかります。

実に些細なことがよくわからないのです。

やっぱりリナックスを日常的に使うには相当の修練がいりますね。

サーバーなどに特定するのなら、なんでもありません。

電源を入れておくだけですから。

ところが実際のシーンで利用できるかといわれたら、ちょっと悩みます。

エディターを使って文章を書いても、最後の整形作業はWindowsでということになるのです。

Officeが入っていないというのもちょっと痛いです。

リナックスにOfficeが入るようになったら、随分活用シーンは変わると思いますけど。

汎用Officeで

最初からLibreOfficeは入っています。

だからそれでOKという人にとっては問題がないのかもしれません。

しかしちょっと厄介になってくると、どうしてもエクセルがほしいのです。

これが本音かな。

実は密かにLinux版のOfficeも開発されているという噂を聞きました。

それでなくても今度のWindows11はタブレットやスマホとの往来が活発になるとか。

つまりLinuxとの相互通行も可能になる可能性があるのです。

いつまでもWindowsだけというワケにはいかなくなっているんでしょう。

あと5年で現在のwindows10は保証期間が終わりだとか。

秋口に予定されている次期のWindows11はかなりCPUその他のスペックにも高い基準が要求されるようです。

それならば、5年間はWindowsにしちゃおうと観念した次第です。

mohamed_hassan / Pixabay

とはいえ、低スペックなPCを実用可能にするにはいくつもの難関があります。

最低これだけはやらないと動きません。

お蔵に入っていたのはCeleron 3215uです。

おしまいに「u」がついているCPUはPCに直付けなのです。

つまり交換不能ということです。

ということはそれ以外の部分で少しパワーをつけてあげなければなりません。

SSDとメモリ

この2つはマストですね。

ハードディスクはSSDに交換しましょう。

メモリも4ギガから8ギガへ。

これはやらないと話になりません。

試みにいくらかかるのか。

中古とかメルカリとかの1番安い路線でいくと、4000円くらいでしょうか。

ただしSSDは新しいものの方がいいです。

容量は128~256ギガくらい。

あんまり大きいのはいりません。

サブ機でしか使いませんしね。

メモリは必ず交換可能なものにしましょう。

つまり保証付きを買えということです

相性問題がどうしてもからむのです。

同じ規格のものでも、時に動作しないことがあります。

不思議ですけど、ホントです。

両方新品だと先ほどの倍くらいはしますかね。

SSDも安くなりました。

ただしメモリはそんなに安くはないです。

これにもコロナが絡んでいるのです。

本当にうんざりします。

Windows10そのものはマイクロソフトのサイトからダウンロードできます。

USBメモリに入れて使うのが1番簡単です。

ライセンスは以前から使っていたのなら、自動的に認証されます。

そうでない場合はあちこちググらないと難しいかもしれません。

Windowsインストール後

久しぶりに入れてみて感じるのは、実によくできてるということです。

画面の精細さが違います。

色もきれいです。

何が違うんでしょうか。

このままでももちろん使えますが、元々この復活PCはスペックが低いのです。

徹底的にいらないものを潰してリソースを大切にしなければいけません。

つまりいらないソフトはインストールしないという信念を貫きます。

しかし最低限、ウィルスソフトだけは必要ですね。

リナックスの時は全く不要でした。

そこへいくとWindowsの世界はウィルスとの戦いです。

無料でいいのがあります。

躊躇わずにインストールしてください。

あとは設定の項目からきっちりと修正します。

たとえばスタートアップで使わないものはすべてオフにする。

さらにアプリでもいつも使用しないのはオフにして切っておく。

ゲームなどは低スペックのPCの敵みたいなもんです。

全部オフにします。

大きなポイントはシステムの詳細情報からシステムの詳細設定に入るところです。

パフォーマンスの設定で「パフォーマンスを優先する」に全てしてしまうのです

すると全部のアニメーション効果が消えます。

ただし「スクリーンフォントの縁を滑らかにする」だけはオンにしておいてください。

さらに設定からプライバシー、バックグラウンドアプリへ入って、使わないものは全てオフにします。

ウィンドウズセキュリティーだけは必ず入れておいてくださいね。

このようにして、Windowsの裏側で動いてるソフトを1つずつ潰していくのです。

それだけで、あと5年間は十分に使えます。

メモリの増設や、SSDの交換などをすると、ぐっとPCに対する理解が深まります。

愛着もわきますよ。

是非チャレンジしてください。

スポンサーリンク

それほどに難しいことではありません。

関連のサイトなどもたくさんありますので、是非参考にしてください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました