アフィリエイトのブログは迷宮への入り口だった

ブログ

アフィリエイトブログはラビリンス

こんにちは。

ブロガーのすい喬です。

これは今まで19年間やっていたブログのお話です。

くれぐれもお間違いのないように。

今ご覧になっているこのブログのことじゃありませんよ。

ふたたび念のため。

まさかこんなことにまで手をつけるとは…。

とにかくやってみました。

最初は考えてもみなかったです。

始めた頃は、クラスの生徒たちとの連絡用掲示板でした。

それがだんだん発展して、自分の日記になり、読んだ本の話になり、数年前さらに広がって…。

ワードプレスにしてから写真もたくさん入れました。

見栄えのいい形になります。

実にいい気持ち。

いままでのホームページとは全く違ったクールなイメージのものになりました

見られるようになったね、なんて思いながら数年間がたちました。

ところが今年に入ってから、なんとなくアフィリエイトっていうのがあって、お金になるんだということを知りました。

寝ていてもお金になるんだったら、その方が楽だしね。

こんなにありがたい話はない。

さっそくあちこちのサイトを覗いてみました。

しかしチンプンカンプンな聞いたこともないような文句ばっかり。

あまりにも面倒くさそうなので、即行ペンディングです。

本屋さんに行ったら『ブログ飯』(染谷 昌利・インプレス)という不思議なタイトルの本がありました。

手にとってみると、これがまたまた不思議な世界。

完全な異次元ワールドです。

こんなのがあるんだな。

これで生活してる人もいるんだというのが、正直な感想でしょうか。

まさに先人達の苦労の跡をたどったようなもんです。

ブログ photo

その後しばらくして、ブログにアフィリエイト広告なるものを入れてみるかという気になりました。

その前にもう一冊読もう。

それが『本気で稼げるアフィリエイトブログ(亀山ルカ・ソーテック社)です。

この2冊はその世界をめざす人にとってバイブルのようなもんらしいです。

ちなみにこの本の著者は若い女性なのです。

たいしたもんだなあというのが、その時の感想。

なるほど、こういうことなのねという概略はつかんだものの、さてどこから始めたらいいものやら…。

どうせ最初からうまくいくはずはないんだから、まずは始めることから始めようと決心しました。

まずブログに載せるための広告をどうやって探すんだ。

それにはさまざまなカラクリがありましてね。

ASPに登録

本当にたくさんの関連会社がありました。

世の中はこういう風になっていたんだ。

ある会社がつくったバナー広告をブログをやっている人に仲介して届ける会社のことです。

別名ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)といいます

これがたくさんあるんだよ。

その中でハードルが低くて、一番たくさんの広告を扱っているところにアクセスするかな。

誰でも考えることはおんなじだ。

さっそくとあるサービス会社のログインページへ。

許可がおりるまで半日くらい待ちましたかね。

やがてOKのメールがきました。

パスワードにそってログインすると、今度は入金用の口座を教えろとのこと

紙幣 photo

もう気分は億万長者です。

やってみました。

すると広告のページが続々と出てくるじゃありませんか。

やったよ。

広告の下の文字の行列をそのまんまコピーして貼り付ければ、よろしいというのです

そういうもんかと思ってはみたものの、さてどこへ貼り付ければいいのやら。

いろいろ読むと右サイドのウィジェットのところが一番簡単だという

聞いたことのない言葉ですね。

ワードプレスというプログラムを導入したら、必ずつきあうことになるダッシュボードという名の管理画面。

そのページの左側にあるのです。

するとちゃんと広告が載ったぞ。

ところがここはあまり読者がポチッとするところじゃないことを後に知りました。

でもこの時はさすがにいい気持ち。

これを読んでくれる人がどんどんポチッとしてくれれば、ぼくのところへお金が入ってくる。

寝てても勝手に入ってくるのです。

まるで王様になった気分でした。

ところがこれがとんでもない王様だったのです

ということがわかったのはずっと後のこと。

他にもいろんな会社があったので、そちらにもログイン。

さらに楽天もアマゾンも…。

案外簡単なもんだというのがその時の気分。

これが絶頂期でしたね。

キーワードが大切

いい調子になってあちこちに広告を貼りました。

内容によって契約した時の報酬が違うこともわかりました。

自分でポチると自分にお金が入ってくるというシステムもあるらしいということもわかりました。

ぼくがぼんやりしている間に、世界は大変貌を遂げていたのです

そんなわけで、ブログはあちこち広告だらけ。

広告 photo

翌日、さっそく管理画面を見てみると、なんと全く入金なんてありません。

合計0円じゃないか。

これはいったいどういうことだ。

またしても基礎基本に立ち戻らなければならないことになりました。

そうすると、あなたはお魚のいない池で釣りをしているただの暇人なんだと教えられました

1日中、水たまりで釣りをしたって、お魚は釣れませんよというわけ

じゃあ、お魚はどこにいるの。

それを知るためには、いろんなキーワードを探してくれるソフトを入れなくちゃならんということも判明。

面倒くさいなあ。

これだけたくさんの記事があればなどと勝手に思い上がっていたのが大きな過ちでした。

だいたい個人の日記を読みたいという需要はほとんどないそうです。

そりゃそうだ。

超有名なタレントなら別だけどね。

キーワードを探すソフトもたくさんありまして。

さらにどういう人が何分間、ぼくのサイトで記事を読んでくれたのかを知る解析ソフトまでありました。

すごい。

ここから俄然やる気がふつふつと…。

ワードプレスをもう一つインストールして、独自ドメインもとって…。

新しいブログ

早速はじめました。

前より馴れてます。

目標、毎日更新

文字数は2500字以上

大好きなことで、30以上の記事が書けるようなことを、カテゴリーにすること。

グーグルにおねだりして、アドセンスの認証をしていただく。

広告 photo

ちなみにこれは広告をポチッとするだけで、その商品を買わなくてもお金になるというすぐれたシステムです。

グーグル・コンソール、グーグル・アナリティックスを導入
(例の解析ソフトの名前です)
コピペはしません
問い合わせ先を必ず入れる
プロフィール欄をつくる

ここまでやりましょうと心に決めました。

とりあえずキーワードを探して、2つはタイトルに入れる。

とかなんとか言いながら、新しいブログもヨロヨロここまできました。

さてグーグルのご機嫌はどんなもんでしょうか

ご返事はまだなのですが…。

そのうち、いい案配になったら、突然表舞台に飛び出して大暴れをするようになるのかも。

しかしそれには1年ぐらいはかかるという話です。

スポンサーリンク

その間毎日更新し続けてたら、頭がボンバーになるのは間違いありません。

どうしたらいいの。

ブログの神様、どうぞ教えてくださいな。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました