面接

学び

【総合型選抜入試】実績と未来志向の自己推薦方式が狙い目なワケ

AO入試は総合型選抜入試と名前を変えました。この試験には学校長の推薦書がいりません。自分自身で自分を推薦する入試なのです。過去の実績や未来への展望をエントリーし第1次の試験とします。その後、パスすると面接と小論文が課せられるのです。
学び

【志望理由書これだけ】失敗した経験から自己理解を深め合格をゲット

推薦入試は今年から名前を変更しました。きちんと把握しておいてください。試験と発表時期も変わりました。合格者の数も伸びています。今までのように早く試験をしてすぐ決まるという試験ではなくなっています。当然、志望理由書の内容にも注意が必要です。
学び

【高校入試作文】採点者が太鼓判を押す答案への超剛速球はこれ!

推薦入学試験に必ず出るのが小論文か作文です。難関の高校は小論文が出題されます。課題文があってそれを読み文章にまとめるのです。しかし圧倒的に多いのは作文です。テーマにそって自分の体験を元にまとめます。合格答案になる秘訣を一緒に考えましょう。
学び

【高校小論文テーマ】出題意図を理解しなぜとやる気を見せれば即合格

高校入試の小論文には確かに難しいものもあります。しかし多くの学校では基本的な問題が出題されます。解答の仕方は様々ですが、「なぜ」と「やる気」を示すことで、採点者にアピールできます。問題の条件をクリアしたら、入学後の自分の方向性を示すのです。
学び

【高校入試小論文対策】YesNoの文章を書けば即合格【感性不要】

高校入試の小論文試験において必要なのは何でしょうか。第1に結論です。これがなければいくら文章がうまくても評価は低いです。そのためにはYesかNoで答える必要があります。課題文に対して正面から論理で切り込むのです。感性は必要ありません。
学び

【志望理由書】医療看護系は仕事への覚悟を示すことが一番大切

医療看護系では志望理由書がよく出題されます。ポイントは職業を選択した動機、きっかけを明確にすることです。さらにどのような医療従事者になりたいのかという目標を示してください。覚悟がなければ、続かない厳しい仕事だという自覚を示してください。
学び

大学入試は公募制推薦なら学科試験なしで合格OK!

大学入学者の半数は今や推薦入試組です。その中でも一番多いのが一般公募推薦。条件があえば誰でも受験できます。最大の関門は評定平均値です。条件をクリアしていれば、あとは学科試験なし。面接と小論文で合格確実。11月~12月頃にはやく決まります。
学び

大学入試で指定校推薦をゲットするには評定平均値が命

指定校推薦は評定平均値で決まります。シビアな現実です。なんとしても高い点数をとりましょう。0.1でも高ければ、十分に可能性があります。校内推薦がとれれば、合格間違いなし。情報の収集も大切です。
暮らし

保育士の転職は経験と人柄!子供好きが一番の決め手

現在は空前の保育士不足。転職希望者も多いのです。しかし目指す転職先がなかなかみつからず、悩んでいる人が多いのも事実。実際の試験でどのようなことが質問されるのか。どんな作文、小論文が出るのでしょうか。
暮らし

介護から介護への転職!次も福祉の世界で働きたい

団塊の世代が75才以上となる2025年、介護の必要な人は800万人に達します。しかし必要な介護士の数は全く足りません。労働環境の悪さ、賃金の低さなど問題が山積しています。どうしても今の職場では無理となったら、その時は転職しかありません。
タイトルとURLをコピーしました