論語

【老子・タオの思想】なぜいまこの思想家にこれほど心が惹かれるのか

老子の思想はまさに現代人の心にピッタリと寄り添ってきます。みんな頑張りすぎて苦しいのです。どこかで安らぎを求めています。しかしそれがなかなか現実のものにはなりません。そんな時、心の隙間にすっと入ってくる新しい時代の思想なのです。

【孔子家語】弟子・子路の直情径行をいさめ仁の心の意味を教え諭す

儒家の孔子の言葉を載せた本が『論語』です。この『孔子家語』にはそこに載りきらなかった話がたくさん出てきます。今回は弟子の子路に向かって行った忠告の意味について考えてみましょう。直情径行のある子路には考えもつかなかったことなのです。

【よき友・徒然草】お金では買えない一生の宝【ものくるる友が神】

よい友とはどういう人のことを言うのでしょうか。『徒然草』の中で兼好法師は3つのタイプをあげました。その1番がものをくれる人です。誰でも同じですね。何かをもらうというのは嬉しいものです。しかしそれだけではありません。友達は一生の宝です。

【論語のトリセツ】現代に生きる孔子の教えをチョットだけつまみ食い

中国の思想家、孔子の残した言葉は今でも十分に通用します。むしろ複雑な現代だからこそ、その意味がより深いものになりつつあるのです。漢文の授業で習った基本的な文言をいくつか紹介しましょう。是非、座右の銘にしてください。続編も書く予定です。
落語

【厩火事】孔子と論語をネタに落語を作ったらこうなったという鉄板噺

中国の思想家、孔子の代表作『論語』。その中に厩から火事が出たという話があります。それと夫婦のいざこざとをくっつけた「厩火事」という名作落語を紹介しましょう。自分の大切なものがなくなった時、人はどういう行動をとるのか。これが噺のポイントです。
暮らし

【地頭力鍛錬】直観で人を見抜く力を養うための3つの考え方【目標】

人を見抜くには眼力が必要です。どうしたら養えるのでしょう。1番大切なのは直感です。鍛えるための方法を考えてみました。孔子が『論語』の中で大切なことを幾つも語っています。その1つが威張るなということ。人間力の低い人はいやな自尊心の塊なのです。
暮らし

【自分資産】レバレッジの効くスキルを持ち人間関係のスキマを狙う

これからの時代に通用する資産は何か。家でもお金でもない。いざとなった時、本当に役立つのは人との関係です。レバレッジの効くスキルを持つことが必要です。正面からでは無理な場合でもナナメからのスキマをねらいましょう。まず行動してみることです。
暮らし

【会話術】多様性と共感力に満ちた人に不思議とまた会いたくなるワケ

他人とのコミュニケーションは大変に難しいものです。どうしたらうまくできるのか。最大の秘訣は共感する力を持つこと。そして自分の中に多様性を秘めること。どのような話題にでもついていく必要があります。どこかに謎を秘めながら、相手の話を聞くのです。
暮らし

【プラス思考】直感を信じてポジティブな自分を見つけ一気に走り出す

プラス思考で生きていきましょう。生きがいを持って楽しく過ごすためには笑顔が必要です。直感を大切にするのです。この方向で間違いがないという時にはイヤだと感じません。なにかヘンだなという時は必ず何かがあります。方向転換を試みて走り直します。
タイトルとURLをコピーしました