【転職・ヒント】仕事は名詞ではなく動詞で探せは今や常識【キャリア】

暮らし

仕事探しのヒント

みなさん、こんにちは。

元都立高校国語科教師、すい喬です。

今回は転職の話をします。

ぼくが最初に勤めたのは出版社でした。

本を読むのが好きだったのです。

しかし本を読んでいるだけでは仕事になりません。

その裏側には当然書くという行為があります。

ただ本が好きというのは名詞の世界です。

そこをもう一歩進めると、書きたいという思いがありました。

自分の文章が活字になることの醍醐味は、学生時代から味わっていました。

ある雑誌の編集長と知り合いになれたからです

好意から、小説のようなものを載せてくれたのです。

本当に嬉しかったですね。

その後、連載もさせてもらいました。

ところで、活字が好きというのはただたんに名詞の世界です。

もちろん、活字のフォントを作るのが好きというのであれば、別の話です。

レタリングをやりたいというのも1つの仕事です。

さらに文字を書くのが好きだとなると、確実に動詞の世界に昇格します。

名詞の世界だけでは暮らしていけません。

本が好きといっても、その周囲には驚くほどたくさんの仕事があるのです。

取材する、書く、校正する、刷る、装丁する、製本する、営業する。

さらにいえば、広告を作ったり、レイアウトを考えたりという仕事もあります。

とんでもない種類の数の作業が周囲に点在しているのです。

しかしその時はまだ十分に認識していませんでした。

当時はとにかく書くのが好き。

その一点張りでしたね。

動詞の威力

書きたいという気持ちを前面に出して、就職戦線に立ち向かいました。

厳しかったです。

高倍率でしたね。

コネもなんにもありませんでした。

新聞の求人広告に応募したのです。

倍率は50倍でした。

今考えても、よく採用してくれたと思います。

最初の仕事ですからとにかく無手勝流です。

ただ書きたいという気持ちが先行していました。

実際に仕事をしてみると、書くという作業の前にたくさんの人とのコミュニケーションが必要であることを知りました。

取材活動の前に、人との信頼関係をつくることが大切だったのです。

それでも一生この仕事をしていこうと思いました。

書くのが楽しかったからです。

幸い、いい先輩に囲まれて、楽しかったです。

イヤだと感じることはありませんでした。

毎日が発見の連続でした。

それまで勉強したこともないマーケティングの本もかなり読みました。

インタビューもしました。

その間に考えたことは、もっと他にもやりたいことがあるという直感だったのです。

勉強したい

半年ほどたった頃、もっと勉強したいと思うようになりました。

文学への愛着が以前よりも強くなっていたのです。

と同時に、教えることもしてみたくなりました。

もともと、人と話すことは嫌いではなかったのです。

仕事は名詞ではなく動詞で探した方がいいというのはまさに、このことです。

勉強ができて、人に教えるという動詞の組み合わせです。

この2つが同時に可能な仕事として、教職が目の前に浮かびました。

とにかく仕事をしながら、教員免許をとろうと思ったのです。

教職教養は少しだけ単位をとっていました。

ただし専門科目に関するものは何も学んでいません。

通信制の大学に聴講生として入学しました。

ものすごい量の教科書が届いた時はさすがに驚きましたね。

これを全てやり終えるのです。

それからは編集記者をやりながらの勉強でした。

しかし少しも苦痛ではありませんでした。

レポートをある程度出すと、試験を受ける権利が生まれます。

それをコツコツと積みかさねていきました。

職業を選ぶというのは本当に難しいものだと感じます。

本当に就職してみないと、仕事の内情というのはわかりません。

ぼくの場合、1番驚いたのは印刷工場へ行って最後の校正をする仕事でした。

いわゆる出張校正と呼ばれるものです。

足りない原稿はその場で書きます。

深夜までかかるのです。

その後、工場の人と、麻雀をしたりもしました。

タクシーチケットで明け方、家に帰るのです。

どこか違うという感覚

「労働政策研究・研修機構」という機関があります。

耳にしたことがありますか。

そこの調査によると、日本にある職種の数は約1万7000種類なのだとか。

その中から、自分にあった職業を見つけ出すのは大変なことです。

自己分析をして、これだと思っても、まだわかっていない部分が多いのです。

ぼく自身は「動詞で仕事を探した」つもりです。

それでも想像と違うことがたくさんありました。

人間関係もそうですね。

そこで必要な作業は過去を振り返ることです。

自分が1番好きなのは何だったのかということです。

必ずこの作業は動詞で探してください。

そうすれば自分にあった仕事がみつけやすくなります。

具体的にやりたいことや人生の目的を重ねるのもいいでしょう。

学生時代、幼少期に自分が夢中になっていたことは何か。

そのひとつがぼくの場合は読書でした。

好きな本を誰にも邪魔されずに読める。

それが教職に就けば、次の授業に生かせるのです。

自分の時間をどのように使っても、自由です。

知的好奇心を追求できる時間もある程度とれます。

いくつものファクターを並べてみて、高校教師の職に就きました。

出版社に勤めたのは結局1年半でした。

退社した翌日から、すぐに教育実習が始まりました。

翌年には都立高校へ就職したのです。

何が好きかではなく、その好きなものをどうしたいのか。

ひたすら動詞を探してください。

それが転職への最大のヒントです。

今、キャリアをかえることが得策であるのかどうか。

戦略をきちんと立ててください。

この方法はあらゆる場面に役立ちます。

本当に好きなことなら辛いことがあっても、続けられるものです。

動詞を前面にさぐりあててください。

同じ業種の中にも驚くほど、いろいろな種類の仕事があります。

スポンサーリンク

それを探りあててください。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
すい喬Blog
タイトルとURLをコピーしました