落語

【宿屋の仇討ち】旅ばなしの定番・粋な侍の物語は正真正銘の真打落語

旅の落語の代表格です。この噺がトリでできれば真打です。桂三木助が東京に持ってきました。宿屋での仇討ち話です。しかしこれがとんだ座興だったというオチがつきます。主人公は粋な侍、万事世話九郎。隣の部屋の賑やかな江戸っ子たちに一芝居をうちます。

【舞姫】主人公・太田豊太郎は自意識過剰ないい子を演じすぎたのか

森鴎外の代表作『舞姫』は高校時代に必ず習う教材の定番です。近代的自我の萌芽をどのように育て、どこで失敗したのか。主人公、太田豊太郎の人格をどのように判断したらよいのか。あらすじを追いながら分析してみました。文章は難しいですが内容は豊かです。
ブログ

【ブログ】情報伝搬力の高いSNSをフルに使い情報を発信し拡散する

ブログの最大の弱点は宣伝の媒体を持たないことです。いくら上位にあっても検索をしてくれない人にはアピールしません。TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを利用して存在を広めましょう。発信を繰り返し存在を拡散していくのです。
学び

【小論文】資料分析型は推論と仮説を排除し価値ある情報だけを選ぶ!

資料分析型の問題は冷静に対処することが1番大切です。たくさんの情報を全て捕まえようとしてはダメ。推論、仮説は無視。謙虚に事実と向き合うのです。情報が持っている真実の中から論点を探ります。自分勝手な歪曲もダメです。時間軸を味方にしましょう。
学び

【小論文の基礎】自分の立ち位置と姿勢の不明確な答案は採点の対象外

小論文を書く時に大切なことは自分の立ち位置です。そこが決まると、課題文に対して賛否が論じられます。筆者の論点のどの部分に対してかという自分の姿勢を明確にしましょう。たとえ反対論であっても、課題文のいいところを探す努力をしなくてはいけません。
学び

【小論文の原点】設問の把握能力と現場対応力が合否に直結するワケ

小論文の基本は設問の把握能力です。問題の要求を正確に認識し、いかに発信するかにあります。そのためには何が必要か。ズバリ現場対応力です。試験場で要求された条件を把握し文にまとめることが1番大切なのです。冷静に問題を分析し対策を見極めましょう。
学び

【小論文の書き方】定義・現象・結果に着目し最後に方法論を考える

小論文の構成は重要です。そのために定義、現象、結果に着目してください。課題文の中に同じ内容があれば、それを自分の言葉に置き換えること。それぞれの内容を論理的に積み上げていくと、それだけで小論文になります。最後は的確な方法論でまとめて下さい。
ブログ

【数値目標】半年で記事を200本書くと決めたらあとは突っ走るだけ

ブログを書き続けるのは大変。数値目標を設定してください。半年で200本。読者数を決めることはできません。しかし自分で書く記事の数なら決められます。毎日パソコンの前に座るという作業を続けていると習慣になります。そこからはただ突っ走るだけです。
ブログ

【重要】完成度より読者に刺さる記事を重視してアクセス数を伸ばす

ブログを書く時に1番大切なことは何か。読者のニーズに応えることです。読者が何を求めているのか、常に探りましょう。それだけを考えていれば、大きな失敗はしません。刺さる記事、緩い記事。いずれも読者の求めているものです。時代を読む嗅覚が大切です。
学び

【小論文】複数の課題文がある問題を素早く乗り切る3つの確実な方法

小論文入試の6割は課題文型です。しかし長文が1本だけというパターンではありません。複数の文章を読ませ、それについて考えたことを書けというタイプの問題もあるのです。そういう時に焦らず乗り切るための方法を考えましょう。慌てることはありません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました