太宰治

暮らし

【子供時代】骨太に生きるための価値観を育てる方法【貴重な時間】

子供時代がいかに貴重な時間か、考えたことがありますか。多くの作家たちはこの時代をうまく乗り越えられなかった過去を持っています。それだけ意味のある時間の堆積なのです。どうやって骨太に生き抜いたらいいのか。考えてみましょう。

【捜神後記・陶淵明】1匹の犬が2度も主人公の命を救ったという奇譚

陶淵明の怪異譚『捜神後記』の中から珍しい話を1つ紹介しましょう。高校では選択科目でしかやらないと思われます。このような類の話は読んでいると実に不思議な感覚になるものです。中国にはこうした怪異譚の系譜がたくさんあるのです。
暮らし

【富士山は不二】神話の似合う最強のパワースポットはこの名峰だ!

日本一の山はやはり富士山ですね。古来から神のいる山として信仰の対象でした。その美しさは文学の対象にもなり『竹取物語』の大切な舞台にもなっています。日本人は多くの場面で富士山を大切にしてきました。戦時中は軍部に利用された側面もあったのです。

【走れメロス・太宰治】真の友情を人間失格の作者は信じていたのか

太宰治の名作『走れメロス』は誰もが1度は読んだことのある小説です。しかし他の作品とはかなり傾向が違うことも事実です。彼の『晩年』『斜陽』『人間失格』などと比べると、どこか道化ているような素振りさえ見えてきます。内容を詳しく検討してみましょう。

太宰治・名作津軽は屈折した故郷への愛と自虐的な作家魂の結晶である

太宰治は屈折した故郷への愛と自虐的な作家魂の持ち主でした。彼の代表作『津軽」は彼の出自を探すための旅を題材にした作品です。乳母たけに会うため、運動会の会場を探すシーンは有名です。不思議な明るさに満ちた作風に驚くことでしょう。一読を勧めます。
タイトルとURLをコピーしました