天災

落語

【落語】柳家小三治の天災は江戸っ子の明るさ全開でいつでも満点

柳家小三治の落語は楽しいものばかり。中でも天災は明るい江戸っ子が付け焼き刃で説教をするというばかばかしいもの。心学の先生から聞きかじったばかりの学問を披露して失敗をするという愛嬌のある落語です。高座で演じて、その難しさがよくわかりました。
落語

【落語】誰にでもできる面白くて楽しい定番の小咄はこの15話 

芸は身を助けると言います。是非、ここに挙げた15話のうちの1つでもいいですから、自分のレパートリーに入れてください。何かの折にちょっとご披露するだけで、その意外性にみんなびっくりしますよ。一発芸にもってこいです。一分線香即席噺を覚えましょう。
タイトルとURLをコピーしました