孤独

【走れメロス・太宰治】真の友情を人間失格の作者は信じていたのか

太宰治の名作『走れメロス』は誰もが1度は読んだことのある小説です。しかし他の作品とはかなり傾向が違うことも事実です。彼の『晩年』『斜陽』『人間失格』などと比べると、どこか道化ているような素振りさえ見えてきます。内容を詳しく検討してみましょう。
暮らし

【セグメンテーション】階層化された個人が群衆の中で孤独になる時代

個人がセグメント化されています。新しいマーケティングの考え方は、ニーズのある場所を細かく規定していくのです。そのために群衆はますます孤独に陥ります。それぞれが自分に都合のいい社会の中でコミュニケートするいびつな時代になりつつあるのです。

【川端康成・雪国・山の音】息苦しいまでに孤独で繊細な感受性の人

川端康成の小説はあまりにも繊細で現代の人にはなかなか受け入れられにくくなっています。しかし自らの生をじっと見つめるまなざしには実に豊かな命が宿っています。ここでは『雪国』、『山の音』、『伊豆の踊り子』を取り上げてみました。

【半沢直樹】印籠を持たない孤独な水戸黄門が勧善懲悪に挑む【痛快】

テレビドラマ「半沢直樹」が絶好調ですね。最近にない視聴率を叩き出しています。そのヒミツはどこにあるのか。勧善懲悪だからというだけでは説明できません。銀行の合併にからむ暗闇が次々と明らかにされていきます。配役の妙とあわせて、手に汗を握ります。
タイトルとURLをコピーしました