【喉の筋トレ】楽しくお喋りをしてパワフルに【老化まっしぐらNo】

暮らし

落語のお稽古

みなさん、こんにちは。

アマチュア落語家でブロガーのすい喬です。

今日は偶然朝刊でみつけた話。

最近、喉がかすれて老けた声になってませんかという記事でした。

まさにピタリ。

これにはまいりましたね。

というのもコロナの影響なんです。

今年はお正月に1度。

2月に1度だけ高座に上がって以来、全く落語を喋ってません。

月に2回のお稽古会もずっと中止。

つまり全然落語をやってないのです。

なんで自宅で稽古をしないのと言われてしまうと、申し訳ありませんと頭を下げるばかりです。

やっぱり落語会があるから、なんとかしなくちゃと焦るのです。

いつ開かれるのかわからないのでは人間ダメですね。

途端にナマケモノになっちゃいます。

職場でもそうです。

マスクをずっとしてます。

お昼の食事も以前なら大きなテーブルを囲んで和気あいあいと喋りあってました。

Wokandapix / Pixabay

ところがそれも厳禁。

みんな自分のデスクで黙々と食べてるだけです。

大きな声なんか出しません。

ぼくはずっと教員をやってきたので、毎日大声を張り上げてました。

それが一段落して、今はデスクワークがメインなのです。

そうなると、どうなりますか。

大きな声でしゃべらない日々

つまり静かな日常なのです。

家に帰っても、話し相手は奥様だけ。

奥の部屋に潜ってなにやらゴソゴソと趣味三昧のようです。

ひたすら聞こえてくるのはミシンの音ばかり。

全くお喋りをしないというのではありません。

普通の夫婦よりは隋分と語り合う方です。

それでも以前より、大きな声を出すことは少なくなりました。

Aenigmatis-3D / Pixabay

仕事から帰ってきてさて声を出そうとすると、なんとなくしゃがれてるのです。

喉の奥で声がスースーするというのかな。

ハスキーボイスになってるんですね。

これはごく最近のことです。

以前のように教室で大声を出している頃にはなかった経験です。

かつては時々喉が腫れて痛くなり、吸入器まで買い込んだこともありました。

それでも落語会に出かける前には一席ちゃんと稽古をするのです。

マイクなんかなくても後ろまで通るくらいでなくてはダメです。

これを「本息」といいます。

「本番と同じ息」という意味で、本番と同じような息継ぎ・間・テンポ・仕草で落語を演じます。

それでも声がかすれることなんてありませんでした。

かえって勢いが出ていい声が出るのです。

芸事は「1声、2節」といいます。

まずなんといっても声がよくなければダメ。

一人前にはなれません。

人と話す

最近「久しぶりにカラオケに行ったら、声がかすれてうまく歌えなくなった」という話も聞きます。

なんとなく電話でも声がかすれるとか。

どうしたの喋りすぎたのと訊かれて、そんなことはないのにと思ったりしたことはありませんでしたか。

加齢で済まされてしまうと、後の言葉が出てきません。

自分でもどうしたのかよくわからないのです。

専門家によると、発声する時に使う喉の筋肉の衰えによるらしいです。

mohamed_hassan / Pixabay

しかし筋肉だから鍛えることもできるのです。

ただの声の異常だと思っていたら実は、重病からくるサインの場合もあるといいいます。

軽く考えてはいけませんけどね。

1番いいのは、とにかくはっきりと大きな声を出すこと。

人と喋ること。

電話でもなんでもいいそうです。

歌うのも効果があるらしいのです。

一息で鼻から空気を吸って「あ~」と声を出してみるのが診断法だとか。

男性なら30秒くらい、女性なら20秒くらい声を出し続けらればいいそうです。

とにかくトレーニングあるのみ。

喉仏の下あたりにある左右5個ずつ、全10個の筋肉を動かすことが大切なようです。

しゃがれた年寄りくさい声はご勘弁だという人は、まず知り合いに長電話をしてみたらどうでしょう。

昨今はラインならタダです。

いくら喋ってもお金がかからない。

モノ言わぬは腹ふくるるワザという言葉もあります。

日頃のウップンを大きな声で誰かに向かって吐き出すのが1番じゃないでしょうか。

保湿に注意

湿気も大切なんだそうです。

ハリのあるツヤ声になるためには水気をとらなくてはいけません。

喉の保湿ですね。

今はみんなマスクをしてますから、かなりその意味では効果があるのかも。

トレーニング方法としては、他にチューブ発声法と呼ばれる方法もあります。

用意するのは、ストロー1本。

ストローをくわえて「う~」と5秒以上発声する。

口の中を膨らませて圧を高めるのがコツです。

むせたりしたら大変です。

ゆっくりやってください。

新聞記事を読みながら、さて自分は何をしたらいいのかと考えました。

やっぱり落語の稽古につきますかね。

実は昨日も大きな声を出して「厩火事」を本息でやってみました。

20分以上かかります。

喋った後の汗がすごいのです。

身体中、びっしょり。

よくテレビで見たことがありませんか。

落語家が額にたくさん汗をかいている姿を。

Photo by tablexxnx

まさにあれです。

そしてその後になぜか声がよく出る。

かすれないのです。

知り合いのプロの噺家はボイストレーニングなんてしたことがないとかつて話していました。

寄席で喋っているのがそのまんま鍛錬になっているのです。

その後、打ち上げと称して飲み屋に行き、たくさんアルコールを飲んで、さらにカラオケへというコースもあるそうです。

あんまり喉にはよくないですね。

それでもちゃんと高座で喋れるのは、まさに日々の実践トレーニングのおかげなのでしょう。

昨今は寄席の楽屋でもタバコは厳禁。

少し離れた場所に芸人用の隔離施設があります。

かつては芝居の稽古場に行くとタバコの煙だらけでした。

今はそんな時代じゃありません。

やめた方がいいですね。

健康的な生活をしながら、落語の稽古に励む。

電話をして会話を楽しむ。

とにかく大きな声をちゃんと出す。

これが老化の防止法なのです。

スポンサーリンク

声を出せば、かえってかすれなくなります。

どうぞ、トライしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました