【数値目標】半年で記事を200本書くと決めたらあとは突っ走るだけ

ブログ

半年を目安に

みなさん、こんにちは。

ブロガーのすい喬です。

毎日戦ってます。

大変です。

新しい風景が見える日がいつか来ると思うと楽しみです。

時間がない時もあります。

といっても遊んでいて勝手に時間を浪費しているだけですけどね。

それでも足りないことは足りません。

そういう時も諦めずにパソコンの前に座ります。

どうしても仕事で家にいられない時はスマホのお世話になります。

Dropboxの有効活用です。

家に帰ってからパソコンに取り込んでまとめます。

目標は半年で200本。

しかし現実はそんなに甘くありません。

細々とした用事がいろいろとあるものです。

土日ならなんとかなるかと思っても、ダメです。

それはそれでまた別の用事があったりするのです。

ここはもう覚悟を決めて、1日1本路線を貫くしかないでしょう。

苦しいです。

しかし楽しい。

だからやっていられるのです。

キーボードを叩かないと、1日になんにもしなかったような気になります。

こうなればしめたもの。

あとは自然と記事がたまっていきます。

複数本は無理

時に調子のいい時もあります。

今日はいけるかなと思って2本書いたこともありました。

翌日必ず用事があるとわかっている時は非常時ですから、それもありでしょう。

しかし結論からいうと、やめた方がいいです。

堅実に1日1日を重ねていく方が気持ちがいいです。

生活の中にキーボードを叩くという時間を組み込めばいいのです。

そうでないと気持ちが悪いという感覚がわかりますか。

27707 / Pixabay

毎日、歯を磨かないと寝られないのと同じです。

いや、寝られるという人もいるかもしれません。

でも気持ちがよくない。

これが大切なのです。

なんでも習慣にしてしまう。

夕飯の後のちょっとした時間も活用しましょう。

テレビをダラダラと見ない。

これも有効です。

どうしても暇だと横になってテレビを眺めていたりするものです。

しかし風景と同じようなもので、なんにも頭に入ってきません。

青空や木々の緑ならまだ気分を和らげてくれます。

しかしテレビは騒々しいだけです。

もちろん、ネタを探すためにテレビを見ているのなら、それもありです。

ここで言っているのはあくまでも暇つぶしの話。

もっと意識的に時間を使うということを考えましょう。

自分時間を有効に

記事数が少ないと読者はすぐに離脱してしまいます。

できたらサイトの中を回遊してもらいたい。

関連記事がいくつもあれば、もう1本だけ読もうかということもあります。

その積み重ねが読者獲得の戦略でもあるのです。

いつもならなんにもせずに、お酒でも飲んで寝ちゃうかということになります。

しかし目的があれば、それが1つの生きるモチベーションにもなるでしょう。

leovalente / Pixabay

毎日何人の読者に来てもらえばいいのか。

そんなことを自分でどうこうできるのなら何の苦労もありません。

分析ツールを眺めていると、本当に読者は気まぐれです。

ある日は朝からどんどん来てくれるので、これはかなりの数になるなと思っていると、午後から夜にかけてはパタリと止まります。

その逆ももちろんあるのです。

つまり相手のあることは予測不能です。

としたら自分でやれることを粛々と積み重ねていくしかありません。

ある意味、引きこもりの論理みたいなものですかね。

とにかく黙ってキーボードを叩く。

しかしネタに詰まってしまったのでは何にもなりません。

自分の周囲を常に見て、目新しいものはないか。

刺激を与えてくれるものはないか。

チェックを怠ってはいけません。

なにか面白そうなことがあったら、すぐに首を突っ込むことです。

それが記事の質を高めてくれます。

新聞記事の深読みもいいですね。

週刊誌はだいたい後から追いかけます。

ブログはさらにその後を追いかける。

この姿勢でいいんじゃないですか。

書くスピードも大切です。

半年もやっていると、書くスピードが倍になります。

本当です。

スポンサーリンク

ぼくは3000字書くのにかつて2時間かかりました。

今は1時間で書けます。

つまり半分に時間が短縮されたワケです。

その分、ゆとりがでます。

家の手伝いも自然にできるようになるのです。

嘘じゃありません。

それくらいでないと、とても毎日は続けられないのです。

アクシデントも取り込んで

その間にはいろいろ厄介なことが起こります。

ぼくの場合はサーバーの移転でした。

つい先日のことです。

高負荷だと言われ、ついに以前のサーバーから出ることになりました。

その直後にドメインをかえたりもしたので、大変でした。

しかしそれも記事になります。

さらにアフイリエイトをやっていたので、ドメインの変更後どうなるのか調べることになりました。

結果としてはそれほどの困難もありませんでした。

こんなに簡単なんだというのがここ数日の感想です。

スポンサーリンク

ただアフィリエイトのパネルからサーバー名の変更をするだけでした。

どの会社も広告を貼ってくれる人は大切なお客さんです

どんなに頑張って営業をし、広告をとってきても、それをサイトに貼ってくれる人がいなければ、商売にはなりません。

だから広告を貼ってくれる人は大事な人材なのです。

そのことがわかっていれば、ドメインをかえてもなにも怖れることはありません。

ぼくは最初からまたやり直すのかと思って厄介だなと思ってました。

話がちょっと脱線しちゃいましたね。

ごめんなさい。

つまりブログも同じです。

ぼくたちが書くことで、読者を楽しませることができる。

あるいは新しい情報を伝えられる。

さらには書く人も楽しむためのツールをもらったと考える。

相互に「楽」という文字をつつきあっているようなものです。

卵の中から雛がつつき、親鳥が外からつつく。

そうして卵から1羽の鳥が生まれるのです。

このタイミングこそが日々の愉快な気分に繋がるのではないでしょうか。

書き続ければ楽になります。

そして楽しくなります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました