ASPとアフィリエイトとの蜜月関係は永遠です

ブログ

ASPを大切に

皆さん、こんにちは。

ブロガーのすい喬です。

とにかくここまできました。

ここまでってどこまででしたっけ。

最近激しい物忘れに襲われておりまして、どうも世界がはっきり見えません。

どうなっちゃったのかな。

とにかくここまで来たんです。

プログをWordPressでつくって、いろんなプラグインを入れて、テーマを決めてタイトルを決めて、

表紙の写真まで決めて、記事を書き始めたのです。

すごいことです。

なにしろ読書感想文の宿題を夏休みが明けてから始めた経歴の持ち主ですから。

それでも好きなことを書いていると、気分が高揚してきて、いい感じ。

あれも書きたい、これも書きたいという気分になるのです。

キーワードももちろん調べました。

最低2つは探さないと。

SEOなんて難しいことはまだわからないけど、とにかく始めたのです。

3日間やったら、次の3日間というふうに1週間を2つに分けました。

そうすると、少し気が楽になったみたい。

なんだかんだとやってるうちに10日間が過ぎました。

いよいよアフィリエイトの本丸を目指すときがやってきました。

どうすればいいの。

なんにもわかりません。

ここで新しいキーワード。

ASPです。

アフィリエイト・サービス・プロバイダのこと。

サイト photo

アフィリエイトのサービスを提供してくれるありがたい会社です。

こういう会社がなかったら、自分で一社ずつ訪ね歩かなくちゃなりません。

そんなのいやだ。

考えただけで気分が悪くなります。

メールをすればいい。

それもイヤです。

じゃあどうやってASPとコンタクトをとればいいの。

それぞれの会社にちゃんとサイトがあります。

ログインさえすれば、いいんです。

問題は提携をしてくれるかどうかです。

あなたのサイトとおつきあいしますよと言ってくれればOKなんです

まだそれほどのサイトじゃないし。

ためらう理由はなにもありません。

どんどん進みましょう。

どこの会社がいいのか。

これが大問題です。

最初にひどいところにあたると、後遺症がいつまでも残ります。

「A8.net」これで決まりです。

当分他の会社に手を出さないこと。

そうでないと、仕事が煩雑になって手がつかなくなります。

記事は書かなくちゃいけない。

アフィリエイト広告は探さなくちゃいけない。

そんなにたくさんできません。

ここだけ

いいですか。

なぜここにするのか。

日本最大のASPなんです

だからここに顔を出して、どんな広告があるのかを見極めます。

まだ記事を書く方がメインです。

それ以外のことにあまり煩わされない方がいいんじゃないのかな。

ちなみにどんなASPがあるのか。

比較したサイトを参考までに載せておきます。

参考サイト

ただしこれはあくまでも参考まで。

最終的には自分で決めるのです。

ブロガー photo

ASPには得意分野がある

それぞれの会社に得意分野があります。

どうしてもこの広告が欲しいという人は、調べてみてください。

もし必要なら、追加して登録すればいいだけの話です。

「A8.net」はやさしいです

必ず新しいブロガーとして認めてくれます。

断っておきますけど、「A8.net」からなんにももらってませんよ。

経験からお勧めしているだけです。

申し込みページに必要なことを打ち込めば、もう自分のものです。

さっそく広告ページがみられるようになります。

覗いてみてください。

たくさん文字が書いてあるのをコピーして、貼り付けるだけで、自分のサイトに広告が出てきます。

この時の驚きはなかなかのもんです。

なにしろ、それまでなんにもなかったところに突然商品の写真や名前がのるのです

どこへ貼るのが一番効果的なのか。

これも難しい。

よくやるのが右側のウィジェット欄です。

ここに貼ると実に恰好がいい。

ただしここはあまり見た目ほど効果的ではない場所としてよく知られています

それではどこがいいのか。

それは最初に見るところです。

タイトルの下や、記事の中、さらには記事の終わりなど

横に幅のひろいものもあれば、縦長、四角形など、いろいろなパターンのものがあります。

いろいろとやってみてください。

どれが効果的か。

自分の好みもかなりありますからね。

ここまではいい気分できましたが、何の広告を貼るのか忘れていました。

もちろん、記事と無関係では誰もポチッとはしてくれません。

読んでいる人の気分をその商品に向かわせつつ、しかし押しつけがましい記事ではダメです

ここが一番アフィリエイトの難しいところ。

記事に信用がなくては話になりません。

書いている人への信頼から、人は財布のひもを緩めるのです。

無理に勧めてはダメですよ

うるさい店員のいる店には行きたくないでしょ。

さりげなく寄ってきて、ていねいに応対してくれる人なら、信頼も増すというものです。

ここまできたら、あとはアマゾンと楽天。

アマゾンと楽天

一度くらい審査に落ちたからといって、悲観してはいけません。

確かに「A8.net」より少し敷居が高いです。

その分、登録するまでに手間がかかります。

アマゾンアソシエイトのHPから入って登録IDをとり、さらにアフィリエイト用のIDなどを取得しなければなりません。

楽天も似たようなもんです。

この2つはすぐに報酬が伸びるといった内容のものではありません。

なにしろ商品価格の1%から3%ぐらいが紹介料率です。

もちろん、それより高いのもありますけどね。

1000円の本を一冊買ってもらい、入る紹介料率は3%。

いくらでしょう。

しかし塵も積もれば山となるの喩えもあります。

慌ててはいけません。

とにかくいい記事を書く。

いっぺんに読者が増えるページなんてそんなに簡単に書けるものではありません

もしあったにせよ、人の気持ちはすぐ目新しいものに流れていきます。

そんなことより、長く読まれる内容を目指してください

人間の悩みははてしないものです。

世の中が変わったからといって、人間がそれほど賢くなったわけではありません。

日々悩み苦しんでいるのです。

それとともに喜びもまたある。

キーワードをつねに気にしてください。

人々は今なにを求めているのか。

とにかくずっと考え続けてください。

今までと世界が違ってみえる。

新聞の記事1つでも、テレビの番組でも見え方が違ってきます

週刊誌のタイトルのつけ方まで気になります。

アンテナを高く。

ここまでくるとセンスの差が出てきます。

それも含めて、ブログの楽しみとしましょう。

お金のことは当分忘れてね。

今は記事に没入する時期です。

書きたいことが増えてきましたか。

あれもこれもと気になることが増えるのはいいことです。

注意事項 お魚のいない池で釣りをしていても、お魚はやっぱり釣れません。

いいんだ、それが楽しみなんだという人はそれでよし。

でもここまできたらもう一歩先にいきましょう。

いよいよ次の段階です。

Google Adsenseの審査基準

この難関へ突入しましょう。

どうやったらいいの。

いろいろなサイトがあります。

ただしデマも多い。

というのもグーグルはほとんど無言を貫いているからです。

自分で調べる。

その先までいきましょう。

次回はこの難関をどうやったら突破できるのかを考えます。

うまくいったらうれしいですよ。

クリックして広告をみてくれただけで、課金されるのです。

商品を買ってくれなくてもいいんです。

スポンサーリンク

すごい。

こんなのありなの。

ありです。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

次回はこの話で、また燃えちゃいそうだな。

タイトルとURLをコピーしました