立場

【魯迅・藤野先生】国籍と立場を超える生涯の師を持てた文人の幸せ

魯迅の『藤野先生』は胸が熱くなる小説です。国籍と立場を超えて留学生であった魯迅に正対しました。途中で医学から文学への転身を図った時、藤野先生は1枚の写真に惜別と書いて渡してくれます。一生の師として尊敬し続けた魯迅の真摯な態度を読み取って下さい。
学び

【小論文・キモ】解決への糸口に1歩でも近づけた答案が合格圏内に

小論文を書く時に気をつけなくてはならないこと。それは自分がどの位置に立っているのかを冷静にみてとることです。そこからしか説得力のある文章は生まれてきません。自分の立場が持つメリットとデメリットを把握して下さい。解決への糸口がポイントです。
学び

【小論文】問題提起と要約メモを連動させて一気に書くワザ【人権】

小論文で大切なパートは最初の問題提起です。ここで全体の方向が決まるのです。刺さる内容をきちんと要約してメモにしてください。詳しく書く必要はありません。採点者に対して、この内容で文章を書くという宣言をするのです。人権の例をあげてみます。
学び

【小論文の破壊力】立場の反転が論理の透明度を劇的に変えるワケ

小論文を書く時に大切なことは自分の立場をどこに置くかということです。試みに反転させてみましょう。すると世界がガラリと変わります。それまでの考えが全く通用しないということも起こるのです。論理の透明性を確保するために、立場を入れ替えてみるのです。
学び

【小論文の方法】字数が足りない時に分量を調節するテクニックはこれ

小論文を書いている時、どうしても言葉が出てこなくなる瞬間があります。そういう時に一番役に立つ表現が「たとえば」です。自分の経験などを前面に出せば、必ず文字数の分量が増えます。筆者の立場に対して反対の立場にたってみるのも1つの方法ですよ。
タイトルとURLをコピーしました