暮らし

【好感度】機嫌の良さとゆるい空気感が信頼される人の存在感を育てる

信頼される人になりたい。しかしこれほど難しいことはありません。どのようにしたらいいのでしょうか。他人を緊張させないゆるさを持つことです。自然体でいられる雰囲気を作ることです。意図的にではありません。それには機嫌の良さが1番大切なのです。
学び

【小論文の基礎】問題解決マインドをためらわず前面に出して突っ走る

小論文の基本は問題の解決です。最終的に自分なりの方法論を示すことです。しかしそんなに簡単なことではありません。自分の提出した解決への糸口をきちんと説明し、結論づけるのです。何が問題なのかを常に考えていなければダメです。勉強を続けましょう。
ブログ

【辞書】Windows10とATOKの相性はぶっちゃけどうなの?

windows10になってからどうもATOKとの相性の悪さが目立つようになりました。どうしてもソフトが違えばバグはあるもの。それにしてもうまく動かないという報告が多いのです。ぼくも悩みました。今回、はじめてMS-IMEにチャレンジしてみました。
ブログ

【SEO】最高のおもてなしでニーズを捉え読者の満足を追い求める

ブログを書く時に1番気をつけなければならないことはSEOです。自分の書いたものが検索順位のどこに来るのかということは実に重大です。そのためにはどうすればいいのか。読者のニーズに応えることです。真面目に誠実ないい文章を書き続けることなのです。
落語

【落語】寝床は素人芸の悲哀をメチャクチャに笑い飛ばす究極の滑稽噺

落語「寝床」は大店の旦那が義太夫に凝る噺です。しかしこれが滅法ヘタ。とても聞いていられません。そこで旦那は酒と料理を用意し長屋の住人を招待します。しかし誘われても皆嘘をついて逃げ回ります。自分の店の使用人にも逃げられ、いよいよ怒りは最高潮。
落語

【人情噺】雁風呂は懐かしい民話の味わいがする水戸黄門漫遊記余話

落語「雁風呂」は大好きな人情噺です。津軽に残る民話を元に講談から落語へ移植されました。水戸黄門の諸国漫遊記の形をとっています。松に雁がねという屏風の絵解きがこの落語の眼目です。日本で死んだ雁の供養のため、風呂を焚いて流浪の民に施したのです。
学び

【小論文のオキテ】意見・理由・説明を提示しない文章は評価対象外

小論文は型に入れて書くというのが常識です。勝手に自分の言葉を振り回してはいけません。問題が出たら基本的にイエスかノーの態度を表明する。その解決のための糸口を探る。なぜそうなるのかの理由を示す。それでも足りない時は説明をして補完するのです。

【村上春樹】短編・象の消滅は不思議で寂しくミステリアス感100%

村上春樹の短編『象の消滅』は不思議な味わいの小説です。どこかふわっとした現実味のない、それでいて心象風景をみごとに捉えた傑作なのです。アメリカの雑誌「ザニューヨーカー」に翻訳されて掲載されました。後に舞台化もされ大きな話題になったのです。
学び

【小論文の作法】やっちゃダメのべからず集を7つだけ一挙独占公開!

小論文を書くのは大変です。今回はべからず集を7つ集めました。これだけを守るだけでも、随分といい文章になります。言われてみれば当たり前ですけど、実際やってみると結構難しいのです。しかし基本を1つ1つマスターしていく以外に上達の道はありません。
暮らし

【絶賛】アイセイ薬局の季刊フリーマガジンが心に刺さるのはなぜ?

アイセイ薬局が季刊で発行しているフリーペーパーが大人気です。心に突き刺さります。表紙の奇抜さが群を抜いています。健康冊子とは思えない斬新な装丁です。従来の常識的な編集を突き抜け、新しい時代のマガジンを目指してます。1度手にしてみてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました