暮らし

【漂流】見たい情報と信じたい物語の間を人は今日も彷徨い続けるのか

ネット情報社会をどう生き行くのか。難しい問題ですね。人は見たい情報と信じたい物語の間を毎日彷徨いながら生きているのかもしれません。アルゴリズムの網をすり抜けて、どこまで真実に辿り着けるのでしょうか。
暮らし

際限のない欲望を無理に作り出すことの空しさだけが地に溢れる現代

新しい商品が次々と生まれ、現代の人間はつねに欲望に駆られるシステムの中に投げ込まれています。本当に必要なのか。本当に欲しいのか。それさえもがわからなくなるような日常を過ごしているのです。これからの時代をどう生きていけばいいのでしょうか。
暮らし

【神話の世紀】日常から消えてなくなりつつあるもの【一人称の死】

今の日本人はどのような日常を過ごしているのでしょうか。神話が失われて久しいような気がします。人の死が遠いものになりました。自然科学に頼りすぎて、宗教性も消えつつあります。これからどのような時代がやってくるのか。誰にもわかりません。
落語

【師匠と弟子・落語】日本の芸能に宿る不思議な血縁の世界【破門】

日本の伝統芸能には複雑な師匠と弟子の関係があります。1度入門すると、その関係は一生繋がります。自分から廃業しない限り、ずっとついてまわるのです。落語の世界もまさにそれです。スカウトされて入る世界ではないので、最後は破門という形もあります。
暮らし

【ベーグル】ニューヨークのホテルで出会った日の食感を忘れない

アメリカ研修旅行へ行ったのはかなり以前のことです。しかしその時の印象がぼくの現在を作っているといっても過言ではありません。ニューヨークのホテルではじめて出会ったベーグルの食感は独特なものでしたね。その後、日本にも瞬く間に広がりました。

【静縁のこけ歌・無名抄】過ぎたるは及ばざるが如しとは【鴨長明】

鴨長明の著書『無名抄』は中世の歌論書としてよく知られています。その中にある歌を作った高僧の話があります。自分ではいい歌だと思ったものの、批判され、どうにも納得できずに、他の歌人にみてもらいました。その結果どうなったのでしょうか。
学び

【話を複雑にすることの効用・内田樹】逆説の効果をねらった思考法

普通、人間は話をより具体的でわかりやすく噛み砕こうとします。しかし筆者の論点は全くそま逆なのです。自分の主張にはある程度の誤りがあるだろうと考える人たちが数人集まって話をすれば、より本質的な解決への糸口が見えるというものです。

【漢文・世説新語】人生の達観した生き方を一兵卒から学ぶ【身の丈】

『世説新語』という本をご存知ですか。高校の漢文の授業でも習います。今回はその中でもよく取り上げられるある兵士の話です。命を狙われている人を助けるために、お酒を飲み、酔っ払ったフリをして、わざとここにお尋ね者がいると叫んだのです。その結末は。

【先哲叢談・儒者伝】君子の心構えを説いた伊藤仁斎のスケールの大きさ

先哲叢談という儒者伝について勉強しましょう。あまり高校でも扱うことはありません。ここでは伊藤仁斎を批判する態度について書かれています。その時、批判された仁斎は大きな心のまま、動揺もせず反論もしませんでした。
学び

【小論文】大学教育と企業との間には大きな断絶が【日本型雇用】

日本型の雇用は世界標準からみるとかなり偏ったものです。その内容を分析していくと、かつての一括採用、終身雇用に大きな意味を見出せます。しかし世界標準は明らかに変化しています。その環境の中で、大学や企業はどうすればいいのでしょうか。
学び

【小論文・幸福の条件】私たちにとって何が幸せなのかを再検証する

幸福の条件とは何でしょうか。日本人は幸せの青い鳥を探しながら、ここまで生きてきました。しかし不安はつきまとったままです。経済が豊かになればと思い、働きました。しかしそれでも不安は拭いきれないのです。どうしたらいいのか。論点を探しましょう。
学び

【小論文・語彙力】課題文を模写し表現をかえて自分の言葉に書き直す

小論文の課題文を模写するという方法を考えてみます。音読したら、すぐに内容を自分の言葉に置き換えながら、書いてみるのです。その繰り返しが語彙数を増やします。言葉の数があまりにも少ないと、きちんした文章は書けません。
学び

【小論文】文章をうまく書くためにはどうすればいいのか【発想の方法】

小論文を書くのは大変に難しいです。ともすると、途中で挫折してしまう人もでてきます。新しい発想が枯渇してしまうのです。どうしたらいいのか。自分でもわかりません。そのような時、少しでも役に立つ考え方を書きました。
学び

【小論文・かくれんぼ】大人になったらやらなくなるワケ【二項対立】

かくれんぼという遊びは子供が大好きです。しかしなぜか大人はやりません。今回の小論文は、なぜやらないのか、その理由を示せというものです。スポーツに関係ある学部に出題されました。競技との関連で解答を探る必要があります。
学び

【小論文・運動部改革】勝利至上主義からの脱却と人格の育成がポイント

運動部改革というテーマについて考えてみましょう。スポーツ関係の学部ならば、どこでも出題される可能性があります。この問題のポイントは最初から、この立場で文章を書きなさいという指示がはっきりしているところです。是非、試みてください。
学び

【小論文・失敗から学ぶ】どう切り込んで合格答案にするのか【頻出】

入試によく出るテーマを1つ取り上げましょう。それは失敗です。あなたはどのような失敗をし、そこからどう立ち直ったのか。具体的に書きなさいというものです。人間性をみるには大変に有効なテーマです。ぜひ、試みてください。
タイトルとURLをコピーしました