尊厳死

学び

【医療系小論文・北大】いのちと死の文化はどこまで衰弱しているのか

医療系小論文のテーマは「いのち」に集約されます。今回の課題文は15年前の北大で出題されたものです。しかし今でも色褪せるどころか、より複雑な形で問題視されているテーマなのです。患者のいのちをどのように考えればいいのか。根本的な内容です。
学び

【緊急・医療看護系小論文】安楽死と尊厳死の境はいまだ確定せず

ターミナルケアの問題は深刻です。特に安楽死と尊厳死の線引きには非常に神経を使います。昨日の嘱託殺人事件は衝撃的でした。今までの安楽死事件とは全く様相が異なっていたからです。医療系の学校を受験する人は必ず自分の考えをまとめておいてください。
学び

【医療看護系小論文】リビングウィルの尊重は延命と尊厳死との境に

患者の意思を確認する作業をリビングウィルと呼びます。延命治療をどこまでして尊厳死を迎えるのかを本人に確かめるのです。今日の高齢化社会の中では喫緊のテーマです。しかし問題がいくつもあります。認知症の人の意思確認は実に困難で複雑な作業なのです。
学び

【医療系小論文】安楽死と尊厳死のテーマをどう深掘りして書くか

医療系小論文には難しいテーマが多いです。特に安楽死と尊厳死、臓器移植と脳死です。それぞれがリンクしあっています。それぞれの民族が持つ倫理観は非常に複雑で、簡単には解答できません。しかし小論文のテーマとして出題されるケースが多いのです。
タイトルとURLをコピーしました