系譜

【枯木灘・中上健次】路地に命をかけた紀州新宮の作家【神話の系譜】

中上健次の小説には神話に繋がる広さと深さがあります。紀州はまさに神話の故郷なのです。多くの小説の中で『枯木灘』の世界は超絶しています。そこに描かれた血族の姿は、この国の民族が持つ神話への畏敬にも通じています。一読を勧めます。

【歌詠みの系譜】古本説話集9話に紫式部と伊勢大輔の魂の交感を見た

古本説話集第9話に紫式部と伊勢大輔との間に行われた魂の交感の様子が出てきます。歌を詠むということは歌人にとって命と引き換えにするだけの厳しい作業でした。その重責を短時間で見事にやってのけた話の中に、歌人の系譜が見えてきます。みごとな話です。
タイトルとURLをコピーしました