瘋癲老人日記

スポンサーリンク

【谷崎潤一郎】名作・細雪は滅びの哀しみを美に昇華した昭和の金字塔

谷崎潤一郎の『細雪』は滅んでいく家を舞台に4姉妹の日常を描いた小説です。衰退していく家を絢爛たる美で包む筆致は他の追随を許しません。哀しみとともに、その華麗さに酔いしれてしまいます。日本人が好む『平家物語』『源氏物語』に通ずる美の系譜です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました