学校

学び

【日本人の序列意識】目的を見失う子どもと学校との関係【登校拒否】

日本人の持つ序列意識はかなり強烈です。つねに優劣をつけることで、自分の位置を探ろうとします。しかし優位に立てないものは、コンプレックスを強く持つこともあります。実社会に出ても、十分に力を発揮できないケースも多いのです。
学び

【校内フリースクール】学校に居場所があるということの大きな意味

校内にあるフリースクールという発想はあまり今までになかったものです。どうしても予算などの措置をするのが大変でした。それを試みている市などもあります。この試みの成否は今後の不登校問題にも大きな影響を与えると考えられます。
暮らし

【学校という社会の不思議】降格人事を望む人がいるという教師の世界

学校というのは不思議な社会です。外から来た人には確かに謎が多いものの、中に入れば、まったりとした社会なのです。誰でもが先生と呼ばれ、自分が本当に何者なのかがわからなくなっていきます。降格を希望する管理職も出る不思議なトポスです。
学び

【シュタイナー学校】教育のあり方に疑問を持ち設立した希望の空間

現在の学校教育はさまざまな問題を抱えています。いじめや不登校がなぜ多いのか。同調圧力の強い社会が持っている息苦しさもあるのでしょう。そうしたことへのアンチテーゼとしてシュタイナー教育がよく取り上げられます。実際どのようなものなのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました