感受性

【川端康成・雪国・山の音】息苦しいまでに孤独で繊細な感受性の人

川端康成の小説はあまりにも繊細で現代の人にはなかなか受け入れられにくくなっています。しかし自らの生をじっと見つめるまなざしには実に豊かな命が宿っています。ここでは『雪国』、『山の音』、『伊豆の踊り子』を取り上げてみました。
学び

【小論文の戦略】複眼的思考が批判的な論理力とリテラシーを鍛える

小論文を書く時、必ず他者の立場に立ってください。それだけで論理性のリテラシーが育ちます。つまり複眼的な思考を持つということです。何度もやっていると論理的な文章が書けるようになります。必ず論点の裏側を考えること。それだけで文章がよくなります。
タイトルとURLをコピーしました