デジャビュ

【村上春樹】短編・レキシントンの幽霊は喪失の悲しみが揺らめく逸品

村上春樹の短編『レキシントンの幽霊』は人間の喪失感を扱った小説です。人が亡くなった後の悲しみをどうすればいいのか。悩み苦しむストーリーなのです。主人公はただ眠り続けます。亡くなった人との魂の交感の儀式を終えるまで目を覚ますことはありません。
暮らし

ついやってしまう毎日のミスを少しでも減らすための神アイデアはこれ

毎日の生活でついやってしまうのが家の鍵。ちゃんと閉めたのかどうか、すごく不安になります。毎日のことなので、閉めたはずなんですが、どうも自分が信じられない。財布や定期入れを入れておく場所も固定した方がいいですね。ポイントは指さし確認ですよ。
タイトルとURLをコピーしました