暮らし

暮らし

【和服を着たがる男たち】京都や浅草にはなぜか着物が似合う【装い】

古い街を歩く時、なぜか着物が着たくなりますね。ことに男性の着物姿はいいものです。どこか粋で時間がとまってしまったかのようです。最初はどこで買えばいいのでしょうか。少しだけぼくの体験を書かせてください。参考になると思いますよ。
暮らし

【一酔千日・4字熟語】少し飲んだだけで心地がよくなり千日眠る美酒

中国の怪異譚を集めた本の中に出てくる話です。漢文の授業で扱います。習ったことがあるかもしれません。お酒が出てくる話は漢文によくあります。しかし亡くなった人の墓を暴き、そこから人が生き返るというのは珍しいのてぜはないでしょうか。
暮らし

【アジアハイウェイ】国連の道路整備14万キロは完成したのか【実績】

14万キロにおよぶアジアハイウェイの建設は難事業そのものです。途中の国々の政治情勢は刻々と変化していきます。そのため、容易に道をつなげることができないのです。人間は地上にあらわれて以来、戦争をやめません。悲しい現実です。
暮らし

【遠い風景・気仙沼】悪夢の地震や災害が再び襲いかかる日はあるのか

大きな地震が3月にもありました。11年前の東日本大震災思い起こさせるような揺れでした。日本は災害列島です。いつどのような目にあうのか、全く予想もできません。その後、かつての教え子が撮ったドキュメンタリー番組のことを思い出しました。
暮らし

【犬好き猫好き】人間に最も親しまれ愛されてきたペットたちの未来は

犬が好きな人と猫が好きな人にはどのような違いがあるのでしょうか。考えてみると、面白いですね。結婚する時も相性の良しあしを決める尺度になるような気がします。高齢者にとっても、ペットの存在は大きなものがあります。一緒にかんがえてみましょう。
暮らし

【シェイクスピアの新しさ】いつでも原点に戻れば演劇は完全に再生する

シェイクスピアの戯曲は時代を超越しています。どんな時でもこの劇作家の芝居を上演すれば、観客が入るのです。そこにはどんな秘密があるのでしょうか。それを探していきたいです。歌舞伎俳優をはじめ、多くの演技者が望んだ理由はなんでしょうか。
暮らし

【縁側のある風景】端近という表現にこめられた禁断の領域とは

縁側という場所がこの国の住宅から消えて久しいです。以前は外部と内部を分ける中間の場所として機能していました。いわば、曖昧な空間だったのです。その意味はヨーロッパの広場とも違い、実に日本的な風景そのものでした。
暮らし

【ブラック校則】廃止に向けて理不尽な戦いは今後も続く【都立高校】

都立高校はブラック校則と言われているものについて、検証を開始しました。その結果、いくつかの校則を全廃することになったのです。ツーブロックや下着の色を指定するなどというのは全廃されることになりました。なぜこのようなルールがあるのでしょうか。
暮らし

【樹々への憧れ】梢の下に佇んでいれば生命力が自ずと湧きあがってくる

樹木には生命力がありますね。数百年の樹齢を超えるものもあるのです。彼らは歴史を見ています。人の喜びや悲しみもみてきました。それだけに目の前に現出される梢の形に、愛着を感じます。その梢に光があたって美しいのです。
暮らし

【異形の街・新宿歌舞伎町】心に残る風景は次々と消えていくけれど

新宿区歌舞伎町といえば、誰もが歓楽街のイメージを持っています。怖い街だというイメージも強いでしょうね。しかしそこにも住んで暮らしている人たちがいます。ぼくの生まれた故郷はまさにその街の中心でした。カオスに似た不思議な街でしたね。
暮らし

【日本文化・能】ひたすらに型を会得することで思いの深さを表現する

日本文化を知る時、西洋文化との違いに驚くことがあります。特に演劇に対する基本的な概念が全く違うのです。稽古の仕方も、いわゆるメソッドがあって実践するのではなく、型から入ります。それを徹底的に模倣することが芸の修行なのです。
暮らし

【おまじないと星占い】決定的な差は宗教と科学の違い【大塚英志】

おまじないと星占いの違いはどこにあるのでしょうか。考えてみると面白いですね。簡単にいえば、宗教と科学の違いです。星の動きはまさに科学そのものです。変えることはできません。しかしおまじないは宗教の一部なのです。アニミズムと呼べるものです。
暮らし

【身体加工】タトゥーやピアスをする人の深層にある不安【自己確認】

身体加工をする人が多いですね。タトゥーやピアス、ネイリングアートなども見かけます。なぜ自分の身体に手を加えようとするのか。その背景をさぐっていくと、人の不安にぶつかります。自分が何者であるのかを探し続けていくと、身体加工にぶつかるのです。
暮らし

【M&A】合従連衡が時の流れとはいうもののあまりにも影響が甚大だ

コロナ禍の中、企業の合併、吸収が進んでいます。それ以前から銀行などは生き残るために必死で合従連衡を重ねてきました。その流れが他の業種にも広がったのです。最近では大学なども18歳人口の減少を見越して、合併を志向するようになりました。
暮らし

【学校という社会の不思議】降格人事を望む人がいるという教師の世界

学校というのは不思議な社会です。外から来た人には確かに謎が多いものの、中に入れば、まったりとした社会なのです。誰でもが先生と呼ばれ、自分が本当に何者なのかがわからなくなっていきます。降格を希望する管理職も出る不思議なトポスです。
暮らし

【井上ひさし・つかこうへい】日本の演劇を底からくつがえした男たち

日本の演劇に大きな影響を与えた人として、井上ひさしとつかこうへいの名前をあげたいと思います。この2人はそれぞれ作劇の姿勢は異なるものの、人間への愛情に満ち溢れていました。彼らの芝居を見た人の多くが、生きる勇気を手にしたことと思います。
タイトルとURLをコピーしました